Ciena(NYSE:CIEN)は、サービス・プロバイダーや大企業が、帯域需要が発生する場所のより近くに多くの伝送容量を提供できるように、パケット・ネットワーキング・ポートフォリオにパワフルな新しいハードウェアとソフトウェアを追加しました。 新しいプラットフォームにより、ネットワーク・プロバイダーは、ライフサイクル全体のコストを削減し、市場環境の変化に迅速に対応して、ビジネス、モバイル、コンテンツ・アプリケーション向けに10GbEと100GbEの新サービスを迅速に展開できるようになります。

概要 :

  • 4G/5Gモバイル・バックホール、イーサネット・ビジネス・サービス、IoTアプリケーションからの大量のデータ・トラフィックが急速にデータセンターに集約されているため、ネットワーク事業者は、より高速で大量の接続をより迅速に導入すると同時に、それらの接続のパフォーマンスを監視・管理して何千ものエンドユーザー・サービスを提供する課題に直面しています。
  • これらの市場動向に対応するために、Cienaは計算能力と大容量接続性をエンドユーザー(人とマシン)により近い場所に配置することによって、市場をリードするパケット・ポートフォリオの機能を拡張しています。 サービス・プロバイダーや企業は、専用に設計されたCienaの新しいプラットフォームを使用して、コストの最適化、サービス・デリバリーの迅速化、ネットワークの高可用性の確保を行うことができます。 Cienaは、3つの新しいエッジ製品を発表し、業界をリードする8700プラットフォームの容量を拡張しました。 具体的には、次のような新製品群を提供します。

    • エッジ・アクセス:新しい3926mは、10GbEサービス・デリバリー向けのフル機能を備えたキャリア・グレードのプラットフォームであり、サードパーティー製の仮想ネットワーク機能(VNF)をサポートするモジュールを装着する拡張スロットを搭載しています。 このプラットフォームは、イーサネット・ビジネス・サービスのデマケーションに最適であり、サードパーティー製のvRouterサービスやvEncryptorサービスなどの追加機能をサポートします。 また、ネットワーク・モダナイゼーションの取り組みをサポートするために、TDM回線エミュレーション・モジュールも提供します。

    • エッジ・アクセス:新しい3928 Service Delivery Switchは、効率的で信頼性の高いサービス・デリバリーに必要なキャリア・クラスの機能セットを有する費用対効果の高い10GbE NTEを構成します。 屋内と屋外のさまざまな環境への設置に対応する、ACまたはDCの二重化電源および拡張温度範囲オプションを利用できます。

    • エッジ・アグリゲーション: 新しい5170 Service Aggregation Switchは、コンパクトな1RUフォームファクターで高密度に10GbEサービスを集約し、キャリア・クラスの100GbEサービスを費用対効果の高い方法で顧客施設に提供します。 5170は、CienaのService Aware Operating System(SAOS)システム・ソフトウェアとオープンなVNFホスティング機能を動作させるx86サーバーを用いて設計されています。

    • エッジ・アグリゲーション: スペース効率および電源効率の高いシャーシによって8700 Packetwave®プラットフォームの2倍以上の容量を実現しており、サービス・プロバイダーは、より多くのパケット・ベース・サービスを迅速かつ費用対効果の高い方法で展開するために必要なスケールを確保できます。 この能力は、エンタープライズ・ビジネス・サービス、モバイル・バックホール、データセンター相互接続をサポートする最大100Gbpsのサービス・デリバリーに最適です。
  • Cienaのパケット・ポートフォリオはSAOSを活用して、優れた運用効率(堅牢性、ゼロタッチ・プロビジョニングなど)に加え、すべてのイーサネットとMPLSのアクセスとアグリゲーション・アプリケーションにわたって一貫したシステムとサービス特性を提供します。 Blue Planetは、事業者とエンドユーザーの双方に、オープンでプログラマブルなネットワークのパワーを活用するマルチベンダー・サービスと仮想化機能のオーケストレーションを付加します。

経営幹部からのコメント : 

  • 「当社はCienaのパケット・ネットワーキング・ソリューションを導入したことで、1GbEから100GbEの速度の大量のデータを効率的に提供および集約できる能力を獲得し、それと同時にお客様が求める厳格なSLA(サービス・レベル・アグリーメント)を保証できるようになりました。」- Uniti Fiber社のエンジニアリング担当副社長ジャック・デ・ラ・ガーザ(Jack De La Garza)氏
  • 「Cienaは、ユーザー・トレンドの方向性をキャッチする先見性を備え、まるでアイスホッケーの選手がパックの動きを予測してプレーするかのように、広帯域を必要とするアプリケーションの新しい需要に対応するためにネットワーク事業者が実施しなければならないことをよく理解しています。 コア・ネットワークでこのような需要が生まれているのは、お客様がエッジでインテリジェンスを駆使する機会が増えているからです。」- Ovum社副社長兼主席アナリストのマイク・サピエン(Mike Sapien)氏
  • 「今日のWebスケールの世界で必要とされる予測不可能な帯域需要をサポートすることが、ネットワークを運用する企業にとって最も優先度の高い課題であることは、誰もが知るところです。 Cienaの新しいパケット・ネットワーキング機能は、エンドユーザー需要が発生する場所の近くに伝送帯域を提供することで、この課題を解決します。」- Cienaのネットワーキング・プラットフォーム担当上級副社長のスコット・マクフィーリー(Scott McFeely)

Cienaについて
Ciena(NYSE: CIEN)は、ネットワーク戦略とテクノロジーの企業です。 お客様から高い評価をいただいている優れたエクスペリエンスを創出するため、たゆみない活動と細やかな提案型のビジネス・モデルを通じて、Cienaはクラス最高のテクノロジーを価値へと変換します。 Cienaの更新情報については、Twitter @CienaLinkedInCiena Insightsのブログをフォローするか、www.ciena.comをご覧ください。

Cienaの投資家の皆さまへ
投資家の皆さまは、Cienaのウェブサイトにある「投資家」セクションをぜひご覧ください。定期的にプレスリリース、SEC申告書類、最新ニュース、財務結果、その他の発表を掲載しています。 Cienaは、当社が使用しているその他の開示チャネルのほかに、このウェブサイトにのみ重要情報を掲載する場合があります。 このプレスリリースには、現在の期待、予想、前提に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。 これらの記述には、リスクと不確実性が含まれています。 米国証券取引委員会(SEC)に提出されたCienaの最新の年次報告書または四半期報告書に記述されている要素を含む、リスクや不確実性により、Cienaの実際の結果はここに記述または暗示するものと異なる可能性があります。 将来の見通しに関する記述としては、Cienaの期待、信条、意図、戦略に関する記述があり、「信じられる」、「あり得る」、「推定される」、「期待される」、「意図する」、「可能性がある」、「はずである」、「予定される」、「なると思われる」などの語句で特定できます。 Cienaは、新しい情報、将来の出来事、その他の理由でこのプレスリリースの記載内容を更新する責任は負いません。