メリーランド州ハノーバー — 2018年3月13日 — Ciena(NYSE:CIEN)は、プロバイダが高密度化への取り組みをサポートするのに役立つ、重要なアグリゲーション、スケール幅やプログラマビリティといった機能を追加することにより、業界の先端を走るパケット・オプティカル・ポートフォリオを次元の異なるレベルに引き上げています。 新しい8180コヒーレントネットワーキング・プラットフォーム および6500リコンフィギャラブル・ラインシステム (RLS)は、データセンター相互接続(DCI)、4G/5GやFiber Deepといったアプリケーションでの高密度化の取り組みをサポートする、より密度が高く、適応性の高いネットワークへの道筋を整えます。

Cienaの8180および6500 RLSプラットフォームは、包括した帯域幅のスケーラビリティ、統合化インテリジェンス、ユーザーエクスペリエンスを向上するプログラマビリティを組み合わせることにより、ネットワークの複雑さに対処するのに役立ちます。 たとえば、オペレータはネットワークをより速く公開できるようになるため、ユーザーは、ストリーミングビデオ、バーチャルリアリティ、未来型IoT、デジタルヘルスサービスや自動運転自動車などのマシーンツーマシンアプリケーション等、帯域幅の広いサービスを楽しめるようになります。

概要:

  • ワイヤレス、ケーブル、データセンターのオペレータは、高密度化の取り組みに目を向けており、消費者からの高速接続性への要求を伴う、モバイルデバイスの継続的な成長に対応するため、ネットワーク容量を拡大し競争上の優位性を高めています。
  • オペレータがこうした市場動向に対応するため、Cienaは、非常にコンパクトな専有スペースに最大限の機能を詰めることで運用効率を向上させた2つの新製品を発表します。 主なメリットを次に示します。

    • 8180コヒーレントネットワーキング・プラットフォームは、データセンタースイッチの密度、オープン性、プログマビリティを高密度業界屈指の容量を組み合わせ、CienaのWaveLogicコヒーレントオプションのオプティカルインテリジェンスを埋め込んだスタック可能なパケット・アグリゲーションスイッチです。 8180は、400G波長および6.4Tb/sまでのパケット・スイッチング幅で強力な光およびパケット容量を提供します。
    • 6500リコンフィギャラブル・ラインシステムはプログラム可能でオープン、メトロやロングホールDCI、ケーブルアクセスアプリケーションの最高帯域幅要件をサポートするよう調整するモジュララインシステムです。 プロバイダがラインシステムを導入する方法を選べるように設計されており(統合または分散)、専有スペースを減らし、L-Bandによりファイバー容量を拡大します。
  • Cienaの8180と6500 RLSはどちらも、IT運用モデルで使いやすさを考慮して設計されており、ソフトウェアプログマビリティ、自動プロビジョニング、ストリーミングテレメトリ、バックオフィスシステムとのシンプルな統合のための共通のオープンAPIを備えています。 こうした新製品により、Cienaはお客様のための選択肢をさらに広げ、今日のオンデマンド環境に存在する様々なテクノロジー消費モデルのに対応しています。
  • 両製品は、2018年後半に一般に入手可能となる予定です。

経営幹部からのコメント:

  • 「私たちは、ユーザーが帯域幅を追い求め続け、オンデマンドサービスを飽くことなく期待する、急速に変化する「アプリ主体」の世界に生きています。 生き残るには、コンテンツやサービスをオンデマンドのスピードで届ける、より適応性の高いネットワークを通してのみ実現可能な素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスを提供しなければなりません。 Cienaの新しい8180および6500 RLSでは、ネットワーク内のファイバー密度の高いポイントにプログラマブルで非常にスケーラブルなリソースを集中させることで、オペレータのこのニーズを満たすことができます。」
    - スティーブ・アレクサンダー(Steve Alexander)、Cienaの最高技術責任者

  • 「ネットワークプロバイダにとって、ユーザーの要求に応える最適なカスタマー・エクスペリエンスを提供することが最優先事項ですが、次に来る『キラーアプリ』やネットワークにより負荷をかけるウイルス事象を誰も予想することができないため、往々にして難しい作業でもあります。 だからこそプロバイダは柔軟性と選択肢を提供する分散したオプティカルシステムの「トランスポンダ用に、また現在のスイッチングとラインシステム用にCienaが開発した物のような」オプションを考慮する必要があると考えています。帯域幅の需要が最も伸びるエンドユーザーに近いネットワークエッジでは特にそうです。」
    - Dell’Oro Group、オプティカル・トランスポート・マーケットリサーチ、バイスプレジデント、ジミー・ユー(Jimmy Yu

OFC 2018:

Cienaは2018年3月11日~15日カリフォルニア州サンディエゴOFC 2018(ブース3850)で開催される8180コヒーレントネットワーキング・プラットフォームおよび6500リコンフィギャラブル・ラインシステムの両方に出展します。 また、展示会でCienaは最新の400Gの成功をご紹介し、Cienaの内容領域専門家がイベントを通してワークショップやパネルディスカッションに参加します。 講演セッションのリストはこちらをクリックしてください。

Cienaについて
Ciena(NYSE: CIEN)は、ネットワーク戦略とテクノロジーの企業です。 お客様から高い評価をいただいている優れたエクスペリエンスを創出するため、たゆみない活動と細やかな提案型のビジネス・モデルを通じて、Cienaはクラス最高のテクノロジーを価値へと変換します。 Cienaの更新情報については、Twitter @CienaLinkedInCiena Insightsのブログをフォローするか、www.ciena.comをご覧ください。

Cienaの投資家の皆さまへ
投資家の皆さまは、Cienaの公式ウェブサイトにある「投資家」ページをぜひご覧ください。定期的にプレスリリース、有価証券報告書、最新ニュース、財務実績、その他の告知を掲載しています。 Cienaは、当社が利用するその他の開示チャネルおよびこのウェブサイトに限定して重要な情報を掲載する場合があります。 このプレスリリースには、当社の現在の予想、予測、情報および仮定に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。 これらの記述には、潜在的なリスクがあり、不確実性が伴います。 リスクや不確実性により、実際の結果や成果は、米国証券取引委員会(SEC)に提出されたCienaの最新の年次報告書または四半期報告書に記述されている要素を含めて、明示または暗示されたものと大きく異なる可能性があります。 将来の見通しに関する記述には、当社の期待、信念、意向または戦略に関する記述が含まれており、「予期される」、「信じられる」、「あり得る」、「推定される」、「期待される」、「意図する」、「可能性がある」、「はずである」、「予定される」、「なると思われる」などの語句で特定できます。 Cienaは、新しい情報、将来の出来事、その他の結果を反映してこのプレスリリースの記載内容を更新する責任は負いません。