There was a problem with your video. Another version is available.

エンドツーエンドのパケット・ネットワーキング

エンドツーエンドのサービス・デリバリーとオーケストレーションによるビジネス手法の変革。

パケット・トラフィックは、世界中のビジネス・サービスで使用されている帯域容量の75%以上を占めています。  その割合は、モバイル・データ、HDTV、エンタープライズWAN接続によって増加し続けています。

ビジネス変革を実現するには、ビジネス・サービスの消費、販売、構築のいずれにおいても、パケット・ネットワーキングのニーズに対応する最適なアプローチを選択することが極めて重要です。 

ビッグ3

No. 1

Decrease your time to revenue with on-demand capacity and scalability, growing from 1GbE to 100GbE performance with SDN-powered programmability

No. 2

Simplify service deployment and speed up operations by quickly and easily deploying Ethernet macro and small cells with rapid, error-free zero-touch provisioning

No. 3

Reduce operating expenses with unified network management

次のステップ

広帯域イーサネット・サービス市場が進化するのに伴い、事業者は柔軟かつ迅速なインフラストラクチャー導入を実現し、絶えず変化するネットワークの状況とさまざまなユーザー要件に対応する必要があります。 費用対効果に優れたサービス・デリバリー/サービス統合とキャリアクラスの機能を組み合わせた理想的なソリューションにより、新しいイーサネット・サービスを提供すると同時に導入ライフサイクル全体でコストを削減できます。

業界インサイト

多くの業界では、帯域幅が前例のない拡大を見せています。 この拡大により、クラウド・ベースのアプリケーション、ビジネス・サービス、ストレージの利用率が伸び、ユーザーのトラフィック・パターンが劇的に変化しています。

この拡大と継続的なクラウドへの移行により、接続サービスがビジネスの存続にとって極めて重要な意味を持つようになり、ビジネス差別化の鍵になっています。 従来のアプローチでは、必要とされるパフォーマンス・レベルと価格を提供することは困難ですが、幸いなことに高い即応性、柔軟性、費用対効果を実現するために、この移行を十分に考慮して接続性を最適化したソリューションが存在しています。

Ciena Insights

近年、テクノロジーがレガシー・トランスポートからキャリア・イーサネットへ移行するのに伴い、データ・トラフィックの急増によって生じたコスト圧力が緩和され始めています。しかし、それと並行するように、次世代のワイヤレス、スモール・セル、マシン・ベースのエンドポイント、データセンター接続によってアプリケーションで大量のデータ処理が生じ、広帯域イーサネット・ビジネス・サービスの導入が増加することで、容量の要件が押し上げられています。

メトロ・イーサネットのネットワーク容量を増やす場合、次の論理的なステップの中心になるのは最大100ギガビット・イーサネット(GbE)への接続の拡大です。 このような接続には、インフラストラクチャー・ソリューションとしてだけでなく、ネットワークを変革して次世代のユーザー需要に対応するサービス機会としての役割もあります。 しかし、ベンダー・コミュニティが提供する多くのサービスには、必要なキャリア機能セットが不足しています。 あるいは価格面での経済性が低く、ビジネス・ケースでの実用性が十分ではありません。

トラフィックの増大と関連サービスの収益間のギャップに対応するために、キャリア・イーサネットなどのパケット・テクノロジーによってコスト曲線の改善に向けた抜本的な転換が図られています。 ネットワークのデータ・トラフィック密度が上がれば、ビット当たりのコストが削減され、物理伝送容量の観点から帯域幅のスケールが向上します。 しかし、この追加容量によって収益化の効果を上げるには、充実した運用ツールと柔軟な導入機能が不可欠です。

すべて end-to-end packet networking インサイト

必要な洞察のための情報

エンドツーエンドのパケット・ネットワーキングに関する最新ニュースを購読できます。

配信登録