There was a problem with your video. Another version is available.

公益事業

今日と明日の拡大する需要を満たす公共事業ネットワークの近代化。

気候変動と環境に関する法令。 技術革新。 分散型発電、蓄電、および管理。 消費者の行動。 これらはエネルギー公益事業のビジネス・モデルに変革を迫る外的な要因のほんの一部です。 インフラストラクチャーの老朽化の問題に、運用の合理化、コスト削減、信頼性の確保などの要件が加味され、公益事業ネットワークでは新たな課題が生じています。

ネットワーク・エンジニアや設計者は、既存の回線の老朽化の問題に対処すると同時に、信頼性、安全性、低遅延、確実性の高いパフォーマンスが必須となる遠隔保護などの主要なアプリケーションの重大なパフォーマンス要件にも対応しなければなりません。

ビッグ3

No. 1

Leverage packet-optical technology, optimized for reliability, new applications, and greater ease of operation

No. 2

Simplify operations, accelerate and automate service delivery with network virtualization, SDN/NFV service orchestration, and management software

No. 3

Employ a low-risk, high-performance upgrade for legacy SONET/SDH networks, allowing you to migrate to next-gen technologies at your own pace

次のステップ

従来のTDMベースのキャリア・サービスからの移行が最優先課題となっているため、国内の重要な電力インフラを運用する事業者は厳しいタイムスケジュールに追われています。 ネットワークの近代化は不可欠です。 将来のネットワークの構築には、実際の公益事業ネットワークで運用されてフィールドで実証されている、円滑な移行に役立つネットワーク・ソリューションがあります。

業界インサイト

今日の公益事業者が電力グリッドの近代化で直面する大きな3つの課題は、TDMからパケットへの移行、ITとOTの統合、セキュリティおよびコンプライアンスです。 これらの課題を通して、パケット・ネットワーキング・テクノロジーが公益事業ネットワークの変革を推進する重要な領域に注目が集まっています。

Ciena Insights

今日の公益事業者が電力グリッドの近代化で直面する大きな3つの課題は、TDMからパケットへの移行、ITとOTの統合、セキュリティおよびコンプライアンスです。 これらの課題を通して、パケット・ネットワーキング・テクノロジーが公益事業ネットワークの変革を推進する重要な領域に注目が集まっています。

サービスの仮想化により、共通の統合パケット・オプティカル・ネットワーク上で、異なるタイプのトラフィックを確実かつ論理的に分離して優先順位を付けて伝送することができます。 これは、DWDM波長、OTNタイムスロット、イーサネット仮想回線によって優れた運用の柔軟性を達成することで実現されます。 SDN/NFVサービス・オーケストレーションは、基盤となる仮想ドメインと物理ドメインの複雑さを抽象化し、ITとOTのサイロを解消し、エンドツーエンドで配信を自動化して最適化します。

公益事業ネットワークと制御システムの防御も重要な懸案事項です。 NERC CIP要件に従い、公益事業者は重要な資産を特定し、定期的にそれらの資産のリスク分析を実施する必要があります。 重要資産へのアクセスを監視、設定、管理するためのポリシーと、セキュリティ・イベントの監視システムを導入するためのポリシーが必要です。 また、サイバー境界線(ファイアウォール)と物理的境界線(とりわけ変電所)でのセキュリティが必要になります。 さらに、公益事業者はサイバー攻撃や自然災害などに起因する不測の中断に対して、包括的な危機管理計画を用意する必要があります。

CienaのPacket-Optical Platformには、バルク暗号化から、ユーザー認証、ネットワークベースのアクセス制御までの強力なセキュリティ・ツールが組み込まれています。

すべて 公益事業 インサイト

必要な洞察のための情報

公益事業ネットワークに関する最新ニュースを購読できます。

配信登録