公衆交換電話網が初めて導入されたときから、ネットワークは絶えず進化してきました。 ネットワークは、初期のインターネットの固定されたエンドポイントから、モバイル・ユーザーを大規模なデータセンターやNetflix、Amazon、Facebookなどの大手インターネット企業に接続する現在のブロードバンド・ネットワークまで、さまざまな開発段階を通じて調整されたことで、新しい需要に対応してきました。

かつては静的であったインフラストラクチャーにおいては、かつてないほどに重要な変革が進行しています。 最も新しい変化としては、ここしばらくの間トレンドとなっている、自律的なネットワーキングを挙げることができます。 自律的なネットワークは、ほとんど人的介入なしで動作します。 このネットワークは、構成、監視、保守を単独で実行できます。

これは大きな前進ではありますが、自律的なネットワーキングには、いまだにあまりにも大きな制約と硬直性があります。 このためCienaは、ビジネス・ニーズと市場の変化に応じて企業と共に成長するネットワークを目指し、そのための進化を促す新しいアプローチとして、Adaptive Networkを定義しました。

Adaptive Networkとは、ネットワークを分析と自動化を基盤とする動的でプログラマブルなインフラストラクチャーに変革することです。 

Adaptive Networkにより、プロバイダーはネットワーク自体にとらわれることなく、むしろネットワーク・エレメント、計測機能、ユーザー、アプリケーションからの情報をレビュー、分析、処理するソフトウェア・レイヤーに中継する通信ループとして、現在のインフラストラクチャーを進化させることができます。

Adaptive Networkには、次の3つの重要なレイヤーがあります。

  • プログラマブルなインフラストラクチャー このレイヤーには、ネットワークの物理エレメントや仮想エレメントだけでなく、これらのエレメントから収集されたテレメトリーも含まれます。 このプログラマブルなインフラストラクチャー・レイヤーは、極めて高いインテリジェンスを備え、データを解釈するので、ネットワーク自体が判断を行うことができます。たとえば、ダウンしている回線を迂回してトラフィックの経路を指定したり、特定のリンク上で遅延や予想を下回る容量の問題を調査して修正したりできます。 プログラマブルなインフラストラクチャーが、可変スペクトル占有のチャネルをネットワーク内の任意のパスと任意の光スペクトルに経路変更できるようになるには、フレックスグリッドと再構成可能な光レイヤーが必要です。 また、プログラマブルなインフラストラクチャーが任意の数のクライアント信号を可変回線容量に柔軟かつ効率的に割り当てるには、チューナブル・コヒーレント・トランスポンダーが必要です。 これにより、専用設計の集中化されたオプティカル・トランスポート・ネットワーク(OTN)またはパケット・スイッチング・アーキテクチャーが必要になります。
  • 分析とインテリジェンスプログラマブルなインフラストラクチャーでは、大量のデータが生成されます。 その中には、ネットワークが時間とともに学習して調整を行うための傾向を示すビッグデータが含まれます。 ネットワークは、ビッグデータによって長期的な調整方法、注意すべきトラフィック・パターン、脆弱さを内在している可能性があるネットワークの場所を把握できるようになります。 また、かなりの頻度で発生する、スモールデータと呼ばれるデータもあります。 具体的には、回線上の揺らぎや顧客からの緊急の要求などです。 こうしたイベントについてはネットワークによる迅速な対応が必要であり、その対応を促すのが分析です。 しかし、対応が決定された後も、オペレーターの人的介入や事前定義されたポリシーによる介入を行い、必要に応じて承認または変更を行うことができます。 純然たる自律的なネットワークでは、オペレーターがこの時点でネットワークに介入することはありません。
  • ソフトウェア制御と自動化 Dimension Dataの2014年「ネットワーク・バロメーター・レポート」によると、ネットワーク停止の最大の原因は人為的ミスであり、推定値は32%に上るという調査結果が出ています。 アクセス・コントローラーのロードやルーターのプロビジョニングなどのネットワーク・タスクを効果的に自動化することで、このような人為的なエラーをなくして、最高のパフォーマンスでネットワークを稼動し続けることができます。 重要なことは、複数のベンダー間で自動化が機能することです。 一部には、単一ベンダーの一連のデバイスで最高の性能を発揮するテクノロジーもありますが、単一ベンダーの装置で構成されるネットワークはほとんど存在しません。 ネットワークを効率的に機能させ、データをポイントツーポイントで効率的かつ迅速に移動するには、APIを使用してネットワークを相互運用する必要があります。

Adaptive Networkの開発は、ネットワーキングの分野における重要な分岐点と言えます。 これは、インテント・ベースのオーケストレーション、分析、プログラマブルなドメイン制御など、インテリジェントな自動化のあらゆる面をサポートする、一体化された進化です。 拡張性とスケーリングを実現する、マイクロサービス・ベースのアーキテクチャーでもあります。 さらに、運用とサービスの俊敏性を提供するために、DevOps統合アプローチを採用しています。

Cienaを選ぶ理由

25年にわたって世界を接続してきたCienaは、Adaptive Networkを実現するうえで最適なパートナーです。

  • 比類なきネットワーク・エクスペリエンス: 世界中で1,300以上の顧客を抱えるCienaは、世界最大手のネットワーク・プロバイダーの80%にサービスを提供しています。 Cienaは、これまでに1億5,000万キロメートルに及ぶコヒーレント光ネットワークの導入を行ってきました。
  • ネットワーク・プロバイダー・サービス: Cienaは、特にネットワークの進化を支援するためのサービスをプロバイダーのお客様向けに設計してきました。 Cienaのアプローチは、プロバイダーのニーズに対応したコンサルティング、ソリューション・プラクティス、サービスにより、ネットワーク・ライフサイクル全体をサポートします。
  • パートナー:Cienaは、Adaptive Networkのすべての側面を実現するためのサービスと専門知識を発展、育成する活気あるパートナー・プログラムによって同社の価値を高めます。

他社の追随を許さないCienaの製品ポートフォリオは、数多くの重要な方法でAdaptive Networkをサポートします。 プログラマブルなインフラストラクチャー、分析、自動化のレイヤーの重要なコンポーネントは次のとおりです。 

  • WaveLogic AiCienaの業界をリードする次世代のWaveLogicコヒーレント技術は、光ネットワークの構築方法と管理方法を根本的に変えます。 WaveLogic Aiではチューナブルな容量を100Gから400Gまで50Gずつ増やすことができ、これまで達成できなかったネットワーク制御を実現します。
  • WaveLogic Photonics WaveLogicコヒーレント光プロセッサーと柔軟なライン・エレメントから構成される完全に機能化されたCienaのインテリジェントなフォトニック・システムは、組み込みや個別のソフトウェア・ツールと連携して、光ネットワークの卓越した自動化、制御、可視性を実現します。
  • 6500プラットフォームとWaveserver®プラットフォーム: Cienaの柔軟なプラットフォーム・アーキテクチャーは、クライアント・サービスへの回線容量の効率的な割り当てを実現します。
  • Blue Planet Manage, Control and Plan(MCP)ドメイン・コントローラー: Cienaは、次世代のCienaネットワークとサービス運用にSDNのプログラマビリティのパワーをもたらします。 MCPは、複数の異なる管理ツール間において、エラーを起こしやすく、時間がかかる手動ステップをなくし、運用を進化させるBlue Planetの基盤を提供することで、マルチベンダーのマルチドメイン全体でインテリジェントなクローズドループ自動化を促進します。
  • Blue Planet Multi-domain Service Orchestrator(MDSO) マルチベンダーおよびマルチテクノロジーのネットワーク全体でサービス・デリバリーを自動化するためのソフトウェア制御を提供し、Blue Planet AnalyticsおよびMCPと統合して、ビッグデータ分析による自己修復および自己最適化(クローズドループ)機能をサポートします。
  • オープン性:Cienaは、ネットワーク・プロバイダーのニーズを的確に捉えてインフラストラクチャーをカスタマイズできるソリューションを設計しています。 オープン性は、Cienaが市場に提供するあらゆる革新を推進します。 たとえば、ハードウェアとソフトウェアの両方のレイヤーでAPIおよび最新のデータ・モデルを利用することで、CienaのオープンAPI経由でより優れたリアルタイムのネットワーク・テレメトリーとネットワーク測定を実現できます。 APIにより、より迅速で容易なマルチプラットフォーム/マルチベンダーのアプリケーション開発、ITツールとの容易な統合、ITリソースの使用率の向上が可能になります。
  • セキュリティ:Adaptive Networkは、転送中のデータを保護する包括的なセキュリティ・アプローチをベースに構築されています。この専用設計のセキュリティ・ソリューションは、利用可能なセキュリティ暗号化標準のなかで最も安全性の高い標準に基づいて開発されています。 Cienaは、ユーザーがセキュリティ・キー管理を完全に制御できる専用のポータルもご用意しています。