人工知能(AI)の登場により、ネットワーク・プロバイダーはエンドツーエンドの自動化に向けて運用を見直せるようになりました。 しかし、大半のネットワーク・プロバイダーは、独自に意思決定して、諸問題を解決するための制御をネットワークに明け渡すことを望んではいません。 ネットワーク・プロバイダーが望んでいることは、ネットワークがより「適応型」になることです。絶え間なく変化する競争環境や消費者の要求に応えるネットワークです。そのためには、人が制御して監視する自動化された運用プロセス、分析主導のインテリジェンス、基盤となるプログラマブルなインフラストラクチャーを一貫性のある方法で統合する必要があります。