There was a problem with your video. Another version is available.

WaveLogic 3 Nanoによる消費電力の最小化

WaveLogic 3 Nanoにより、メトロで100Gを実現していただけます。
メトロの経済性に特化したCienaの新しいWaveLogic 3 Nanoチップセットは、メトロと地域のアプリケーション向けにパフォーマンスが最適化されており、最小の消費電力とサイズで100Gを実現します。
100G効率を最大限に向上させるWaveLogic 3 Nanoは、より高い100Gサービス密度の提供により、スイッチング容量を犠牲にすることなく、Cienaのポートフォリオ全体でコヒーレント・オプティックスとOTNまたはパケット(あるいはその両方)のスイッチングを密接に統合できます。

WaveLogic 3 Nanoにより、メトロで100Gを実現していただけます。

メトロの経済性に特化したCienaの新しいWaveLogic 3 Nanoチップセットは、メトロと地域のアプリケーション向けにパフォーマンスが最適化されており、最小の消費電力とサイズで100Gを実現します。

100G効率を最大限に向上させるWaveLogic 3 Nanoは、より高い100Gサービス密度の提供により、スイッチング容量を犠牲にすることなく、Cienaのポートフォリオ全体でコヒーレント・オプティックスとOTNまたはパケット(あるいはその両方)のスイッチングを密接に統合できます。

WaveLogic 3 Extremeで実現する最高のプログラマビリティ

統合されたワイヤースピードの暗号化と調整可能な5つの変調方式により、CienaのWaveLogic 3 Extremeチップセットは、すべての距離で最大容量を実現します。 果たして、その成果は? ビット当たりのコストを 削減して 大容量のトランスポートを実現します。

Extreme 16QAM – 100Gの容量と周波数利用効率を2倍に高め、波長当たり200Gb/sをサポートします。 WaveLogic 3 Extremeは、16QAMのメリットをメトロからリージョナルまで拡張します。
Extreme 8QAM – QPSKと比べて容量を50%拡大し、16QAMとQPSK距離の中間にあるアプリケーション向けに波長当たり150Gb/sをサポートします。
Extreme QPSK – ほとんどの長距離および大西洋横断海底距離で、波長当たり100Gb/sの高パフォーマンスを提供します。 WaveLogic 3 Extremeは、非線形劣化を緩和する拡張機能を提供し、10Gチャネルのパフォーマンスを最大限に高めます。
Extreme BPSK – 2つの50Gb/sキャリアを使用し、太平洋横断海底アプリケーションで100G伝送を実現します。 WaveLogic 3 Extremeは、非線形劣化に対してさらなる堅牢性を提供します。
Extreme 8D-2QAM – Cienaが開発したこの独自の変調方式は、BPSKと同じ周波数利用効率を提供しながら、非線形劣化に対してはさらに高いシステム・ゲインと堅牢性を提供します。BPSKと比べて伝送距離を最大20%、容量を最大40%向上させます。
  • Extreme 16QAM – 100Gの容量と周波数利用効率を2倍に高め、波長当たり200Gb/sをサポートします。 WaveLogic 3 Extremeは、16QAMのメリットをメトロからリージョナルまで拡張します。
  • Extreme 8QAM – QPSKと比べて容量を50%拡大し、16QAMとQPSK距離の中間にあるアプリケーション向けに波長当たり150Gb/sをサポートします。
  • Extreme QPSK – ほとんどの長距離および大西洋横断海底距離で、波長当たり100Gb/sの高パフォーマンスを提供します。 WaveLogic 3 Extremeは、非線形劣化を緩和する拡張機能を提供し、 10Gチャネルのパフォーマンスを最大限に高めます。
  • Extreme BPSK – 2つの50Gb/sキャリアを使用し、太平洋横断海底アプリケーションで100G伝送を実現します。 WaveLogic 3 Extremeは、非線形劣化に対してさらなる堅牢性を提供します。
  • Extreme 8D-2QAM – Cienaが開発したこの独自の変調方式は、BPSKと同じ周波数利用効率を提供しながら、非線形劣化に対してはさらに高いシステム・ゲインと堅牢性を提供します。BPSKと比べて伝送距離を最大20%、容量を最大40%向上させます。

既存のネットワーク資産から容量を最大限に引き出すことができます。
WaveLogic 3は、トランスミッターとレシーバーの両方に軟判定前方誤り訂正(SD-FEC)をはじめとする他に類を見ないデジタル信号処理(DSP)機能を採用して、最高のパフォーマンスを実現します。

どのような価値がもたらされるでしょうか。

  • 容量を大幅に拡大して、再生なしで長距離伝送を実現し、再生機器の導入数を削減
  • 遅延が許されないアプリケーション向けにプログラマブルなパフォーマンスを提供
  • スペクトル整形により、カスケード接続されているROADM全体で伝送容量を拡大
  • 波長分散と偏波モード分散(PMD)に対する優れた耐性により、すべてのファイバーで確実な動作を実現

比類ないパフォーマンス


既存のネットワーク資産から容量を最大限に引き出すことができます。
WaveLogic 3は、トランスミッターとレシーバーの両方に軟判定前方誤り訂正(SD-FEC)をはじめとする他に類を見ないデジタル信号処理(DSP)機能を採用して、最高のパフォーマンスを実現します。

既存のネットワーク資産から容量を最大限に引き出すことができます。

WaveLogic 3は、トランスミッターとレシーバーの両方に軟判定前方誤り訂正(SD-FEC)をはじめとする他に類を見ないデジタル信号処理(DSP)機能を採用して、最高のパフォーマンスを実現します。

最も豊富な実績


世界中のお客様の200を超えるネットワークで実証されているソリューションを導入できます。
光通信のコヒーレント・テクノロジーのパイオニアとして、すでに5万個以上のコヒーレント回線インターフェイスの出荷実績を持つCienaは、メトロ、リージョナル、長距離、または海底のアプリケーションに効率的に対応するようにカスタマイズされたハードウェアを含む、包括的な大容量コヒーレント・ポートフォリオを提供します。

世界中の200以上の顧客ネットワークで実証されているソリューションを導入できます。

光通信のコヒーレント・テクノロジーのパイオニアとして、すでに5万個以上のコヒーレント回線インターフェイスの出荷実績を持つCienaは、メトロ、リージョナル、長距離、または海底のアプリケーションに効率的に対応するようにカスタマイズされたハードウェアを含む、包括的な大容量コヒーレント・ポートフォリオを提供します。

WaveLogic 3