jadserve tracking image pixel

There was a problem with your video. Another version is available.

Adaptive Network

エンドツーエンド5G
パフォーマンスの保証

5Gネットワーク・スライシングによって実現

オレンジ色のスライス5Gアイコン

課題

5Gは、消費者と企業、人とマシンの両方をサポート可能なアプリケーションおよびサービスの新しい世界を作ります。しかし、これには解決しなければならない課題も伴います。サービス・プロバイダーは、そのような多様な要件が生じる新しい5Gユースケースを目前にして、自社をどのように差別化して収益性を高めればよいか自問自答しています。eMBB(enhanced Mobile Broadband)には広帯域が必要であり、urLLC(ultra-reliable Low-Latency Communications)では極めて重要なアプリケーションに超高速な応答時間が必要とされ、mMTC(massive Machine-Type Communications)は同時モバイル接続数に重点を置いています。他社の追随を許さず、5Gサービスを差別化するには、モバイル・ネットワーク事業者とホールセール・ネットワーク事業者は同様に、トランスポート・インフラストラクチャーを最適化して保証されたエンドツーエンドの5Gサービス・パフォーマンスを提供する必要があります。5Gネットワーク・スライシングを使用すれば、ネットワーク・リソースを継続的に最適化しながら、階層化されたパフォーマンスとSLAベースの価格設定を提供して、さまざまなアプリケーション要件を満たすだけでなく、収益性を高められるようになります。

Adaptive NetworkTMアプローチの採用

5Gネットワーク・スライシングは、モバイル事業者、ホールセール事業者の双方にとって大きな力となり、多様な5Gユースケースとアプリケーションを動的にサポートし、新しい収益源から最大の利益を得られます。この機能は、パブリックRANインフラストラクチャー上でプライベート5Gサービスを提供するための柔軟性を提供し、新しい市場機会を創出します。この機能を使用することで、無線と有線ネットワーク・セグメントの多様な物理ドメインと仮想ドメインにまたがり、カスタマイズ可能な保証されたエンドツーエンド・パフォーマンスを提供できるようになります。その結果、共有ネットワーク・インフラストラクチャーを継続的に最適化しながら、階層化された価格設定のeMBB、urLLC、mMTCユースケースの新しい可能性を開くことができます。

Cienaの5Gネットワーク・ソリューションは、Cienaの次世代ルーティング・プラットフォームとBlue Planet 5G自動化ソフトウェアを活用して、ネットワーク・スライシングを実現します。Cienaのオープンでプログラマブルな新しいルーター、5130、5144516451665168は、セグメント・ルーティングとFlexEthernetをそれぞれ別々に使用してソフト・スライシングとハード・スライシングを可能にし、4Gと5Gの統合されたxHaulを共通の有線インフラストラクチャー上で実現します。 Blue Planet 5G自動化ソフトウェアでは、5Gコア、xHaulトランスポート、RANの設計、アクティベーション、変更、ディアクティベーションなど、ネットワーク・フライスのゼロタッチ・オーケストレーションをクリック操作で簡単に実行できます。

このユースケースのコピーが必要ですか?他のユーザーと共有することをご希望ですか?

ユースケースをダウンロードする

Cienaのストーリー

Cienaの目標と約束をご覧ください。

ビデオを再生

ネットワーク変革の準備はできていますか?

Cienaに問い合わせる