公益事業者は、運用コストの制約、インフラのアップグレード、耐障害性、コンプライアンス、セキュリティなどの様々な共通の課題に直面しています。 OTネットワークに変更を実装すると、運用コストや担当者の能力、運用制御に大きな負担がかかる可能性があります。 このレクチャーでは、ウォード・カニンガム(Ward Cunningham)が、Cienaの6200プラットフォームが提供する円滑な移行について説明します。このプラットフォームにより、公益事業者は現在は使い慣れたSONETテクノロジーを導入し、準備ができた段階でイーサネットとOTNの機能を導入することができます。