過去10年間、ネットワーク事業者はコヒーレント技術を使用してトラフィック伝送容量を既存のファイバー資産の何十倍もの量に拡大してきました。 クラウドへの移行、OTTコンテンツの人気、5G、オンデマンドの低遅延接続への依存度の高まりにより、ネットワーク事業者は現在、カスタマー・エクスペリエンスを向上するための革新的なアプローチを評価すべき転換点に立っています。 その結果、これらのイニシアチブは、帯域幅の効率的な拡張ニーズにとどまらず、コヒーレント光ソリューションに対する新しい多様な要件を生み出しています。 コヒーレント光ソリューションのトップ企業として、Cienaはこれらの多様な要件に独自の方法で対処し、お客様が今日のビジネス課題を克服して変化に容易に適応できる、よりスケーラブルなネットワークを実現するための革新的なコヒーレント技術を提供しています。