jadserve tracking image pixel

There was a problem with your video. Another version is available.

エネルギー公益事業

ユーティリティー・ネットワークを最新化して現在と将来の需要の増大に対応

気候・環境法規。革新技術。分散型発電、蓄電、および管理。消費者の行動。これらはエネルギー公益事業のビジネス・モデルに変革を迫る外的な要因のほんの一部です。ユーティリティー・ネットワークでは、インフラストラクチャーの老朽化の問題と並行して、運用の合理化、コスト削減、信頼性の確保などの要件が必要になり、新たな課題が生じています。

ネットワーク・エンジニアと設計者は、既存の回線の老朽化の問題に対処すると同時に、遠隔保護など、信頼性、安全性、低遅延、確実性の高いパフォーマンスが不可欠な主要アプリケーションの重要なパフォーマンス要件に対応する必要があります。

スケーラブル・ネットワーク・コアの最新化

安全性の高いN x 100G DWDMオプティカル・トランスポート・ネットワークでSONET技術を最新化し、OTNとフォトニックの両方のコントロール・プレーンを備えたプログラマブルなインフラを実現することで、ネットワーク容量、セキュリティー、耐障害性が大幅に向上します。

変電所WANのOT/IT統合

変電所WAN向けのパケット・オプティカル技術を活用し、パフォーマンスの低下なく、遠隔保護などの低遅延OTアプリケーションや広帯域ITスマート・グリッド・トラフィックを統合できます。

デジタル変革

デジタル変革、OT/IT運用サイロの統合、マルチドメイン/マルチベンダー・ネットワークの重要なビジネス・プロセスの最適化を同時並行的に推進できます。

必要なインサイトを入手。

ユーティリティー・ネットワークの最新ニュースをご購読ください。

購読登録