Cienaでハードウェア・システム・アーキテクトを務めるセバスチャン・ギャロー(Sebastien Gareau)が、イーサネット・サービス・レイヤーに柔軟性を取り込むために行われている業界を挙げた取り組みについて説明します。 Flex Ethernet(FlexE)の当初の目的は、コンテンツ・プロバイダー(ICP)の課題である大容量と柔軟なデータセンター相互接続(DCI)への対応でした。 FlexEは、既存の物理インターフェイスとの間に若干の差異があるイーサネット・レートを幅広くサポートする方法として、オプティカル・インターネットワーキング・フォーラム(OIF)で規定されています。 セバスチャン・ギャローが、その詳細な方法と、現在のネットワークでのFlexEの用途について解説します。 その用途とは、ネットワーク・ボンディング、 サブレーティング、チャネライゼーションの3つです。