There was a problem with your video. Another version is available.

5160

Service Aggregation Switch

MEF CE 2.0 Certified logo

5160は、10GbEサービスの経済性を変革することで、厳格なSLAを遵守すると同時に、大量のデータを効率的に提供および統合するニーズに対応します。

機能

No. 1

24個の10GE/1GEマルチレートSFP+ポートを備えたノンブロッキング、ワイヤースピードのアーキテクチャーで業界最高の10GE密度を実現

No. 2

高可用性の広温度範囲の1RUパッケージでホットスワップ対応の二重ACまたはDC電源を提供

No. 3

ゼロタッチ・プロビジョニングのサポートによりOPEXを最小化してサービス・ターンアップを迅速化すると同時に、内蔵のサービス・アクティベーション・テストによりサービスを保証

No. 4

E-Line、E-LAN、E-Tree、E-AccessサービスのMEF CE2.0仕様に準拠

No. 5

G.8032リング、802.1q VLAN、802.1adプロバイダーVLAN(Q-in-Q)、IP/MPLS、MPLS-TP、PBB-TEなどの柔軟なトランスポート・オプションを実装

No. 6

エンドツーエンドのSLA検証のためにラインレートのパフォーマンス・ベンチマーク・テスト機能をオンボードで搭載

No. 7

仕様

  • +インターフェイス
    • 1/10GE SFP+ポート x 24
    • 10/100/1000M RJ-45管理ポート x 1、コンソール・ポート(RJ-45、EIA-561)x 1
    • 外部アラーム入力 x 16
    • RJ-45同期入力/出力ポート x 1
    • SMB同期入力/出力ポート x 2
  • +イーサネット
    • IEEE 802.3イーサネット
    • IEEE 802.3zギガビット・イーサネット
    • IEEE 802.3-2008 10ギガビット・イーサネット
    • IEEE 802.3u 100Base-TX(カッパーSFP)
    • IEEE 802.3ab 1000Base-T(カッパーSFP)
    • IEEE 802.1D MACブリッジ
    • IEEE 802.1Q VLAN - .1pプライオリティを含む、IEEE 802.1adプロバイダー・ブリッジング(Q-in-Q)VLAN
    • フルS-VLANレンジ
    • VLANトンネリング(Q-in-Q)
    • (Transparent LAN Services[TLS]用)
    • IEEE 802.3ad Link Aggregation Control
    • Protocol(LACP)
    • ITU-T G.8032 ERP(Ethernet Ring Protection、イーサネット・リング・プロテクション)
    • スイッチング
    • ラピッド/マルチプル・スパニング・ツリー(RSTP/MSTP)、VLANごとのMAC Learning Control
    • ポートごとのMAC Learning Control
    • 最大9,216バイトのジャンボ・フレーム
    • レイヤー2制御フレーム・トンネリング
    • プライベート転送グループ
    • MEF CE 2.0準拠
      • E-LINE: EPL、EVPL
      • E-LAN: EP-LAN、EVP-LAN
      • E-Access: Access EPL、Access EVPL
      • E-Tree: EP-Tree、EVP-Tree
  • +サービス品質
    • ポート当たり8つのハードウェア・キュー
    •  
    • CIR(Committed Information Rates)とEIR(Excess Information Rate)、以下に基づいたクラシフィケーション:
      • IEEE 802.1D priority
      • VLAN、送信元ポート、宛先ポート
      • IP PrecedenceとIP DSCP
    • レイヤー2、3、4のサービス品質(QoS)
    • ポートごとのイングレス・メータリング
    • ポートごと、CoSごとのイングレス・メータリング、ポート当たり最大8,000のイングレス・メータリング、システム当たり最大8,000のイングレス・メータリング
    • C-VLANプライオリティからS-VLANプライオリティ・マッピング、C-VLAN IDに基づいたS-VLANプライオリティ、VLANごとのクラシフィケーション、メータリング、統計
    • ポートごと、VLANごとのイグレス・キューにおけるCIR、EIR QoS
  • +マルチキャスト管理
    • RFC 2236 IGMPv2スヌーピング
    • IGMPドメイン
    • IGMPメッセージ・フィルタリング
    • IGMP Inquisitive Leave
    • ブロードキャスト/マルチキャスト・ストーム制御
    • Unknownマルチキャスト・フィルタリング
    • 既知のプロトコル転送
  • +キャリア・イーサネットOAM
    • IEEE 802.1ag Connectivity Fault Management(CFM)
    • IEEE 802.3ah Ethernet in the First Mile(EFM)
    • IEEE 802.1AB Link Layer Discovery Protocol(LLDP)
    • ITU-T Y.1731 Performance Monitoring
    • RFC 2544 Performance Benchmarking Test Generation and Reflection(10GE)
    • ITU-T Y.1564で規定されたイーサネット・サービスのアクティベーション・テスト方法
    • RFC 5618 TWAMP Responder and
    • Receiver
    • TWAMP Sender
    • TWAMP +/- 1ms timestamp accuracy
    • SyslogおよびSNMPトラップ付きDying Gasp
  • +同期
    • ITU-T G.8262/G.8264 EEC option1およびoption2
    • ITU-T G.781
    • IEEE 1588v2 (OC & BC*)
    • ITU-T G.8261
    • ITU-T G.8265/G8265.1
    • ITU-T G.8271
    • ITU-T G.8275/G.8275.1/G.8275.2
    • ITU-T G.823/G.824
    • ITU-T G.813
    • GR-1244
    • Stratum3E発振器
    • 外部タイミング・インターフェイス
    • BITS入力または出力(1.544MHz、2.048MHz、2Mbps、64kcc/6312kcc)
      • 10MHz、1.544MHz、 2.048MHz入力/出力
      • GPS 1PPS入力/出力
      • ToD入力/出力(NMEA 0183、MSTS)
  • +MPLS/VPLS
    • RFC 2205、3031、3036、3985 MPLS PWE3 Pseudowire Emulation Edge-to-Edge
    • RFC 5654 MPLS-Transport Profile(TP)
      • LSP Static provisioning
      • 1:1 Tunnel protection
      • Gal/GachによるLSP BFD
    • MPLS Virtual Private Wire Service(VPWS)
    • RFC 4762 VPLS (Virtual Private LAN Service) and Hierarchical VPLS (H-VPLS)
    • Provider Edge (PE-rs) Functionality for VPLS and H-VPLS
    • 複数VPLSメッシュ仮想回線を使用したVPLS
    • ハブアンドスポーク仮想回線を使用したH-VPLS
    • MTU-s Functionality for H-VPLS deployment
    • MTU-s Multihoming (redundant VCs to different PE-s switches)
    • H-VPLSスポークVirtual CircuitとしてのMPLS Virtual Circuit
    • H-VPLSスポーク仮想回線としてのPBB-TEサービス・インスタンス
    • H-VPLSスポークVirtual CircuitとしてのQ-in-QイーサネットVirtual Circuit
    • MPLS Label Switch Path (LSP) Tunnel Groups
    • MPLS Label Switch Path (LSP) Tunnel Redundancy
    • Layer 2 Control Frame Tunneling over MPLS Virtual Circuits
    • RFC 3209 RSVP-TE(MPLS Tunnel Signaling用)
    • RFC 3630 OSPF-TE(MPLS Tunnel Route用)
    • RFC 3784 IS-IS-TE(MPLS Tunnel Route用)
    • RFC 3036 LDPおよびTargeted LDP(VPLS VC signaling用)
    • RFC 4090 MPLS Fast ReRoute signaling
    • LSP PingおよびTraceroute
  • +PBB-TE (Provider Backbone Bridging -Traffic Engineering)
    • IEEE 802.1Qay PBB-TE
    • IEEE 802.1ah PBBフレーム・フォーマット
    • PBB-TEマルチホーム・プロテクション・フェイルオーバー
    • IEEE 802.1ag CFM for PBB-TE Tunnels
    • IEEE 802.1ag CFM for PBB-TE Tunnels
    • PBB-TE全B-VIDおよびI-SIDアドレス範囲
    • PBB-TEトンネルおよびサービスメータリング
  • +ネットワーク管理
    • 拡張CLI
    • CLIベース構成ファイル
    • SNMP v1/v2c/v3
    • SNMPv3認証とメッセージ暗号化
    • RFC 1213 SNMP MIB II
    • RFC 1493 Bridge MIB
    • RFC 1643 Ethernet-like Interface MIB
    • RFC 1573 MIB II interfaces
    • RFC 1757 RMON MIB - including persistent configuration
    • FC 2021 RMON II and RMON Statistics
    • VLAN毎統計
    • RADIUSクライアントおよびRADIUS認証
    • TACACS + AAA
    • RFC 2131 DHCP Client
    • RFC 1305 NTP Client
    • RFC 1035 DNS Client
    • Telnet サーバー
    • RFC 1350 Trivial File Transfer Protocol(TFTP)
    • RFC 959 File Transfer Protocol(FTP)
    • Secure File Transfer Protocol(SFTP)
    • Secure Shell(SSHv2)
    • SyslogアカウンティングによるSyslog
    • ポート・ステート・ミラーリング
    • Virtual Link Loss Indication / Remote Link Loss Forwarding(VLLI/RLLF)
    • デュアルスタックIPv4/IPv6管理プレーン
    • ローカル・コンソール・ポート
    • Ethernet Services Managerによる包括的な管理
    • TFTP経由のリモート自動構成
  • +サービス・セキュリティ
    • Common Criteria EAL2準拠および認定
    • イグレス・ポート制限
    • IEEE 802.1X Port-Based Network Access Control (RADIUS/MD5)
    • レイヤー2、3、4プロトコル・フィルタリング
    • ブロードキャスト抑制
    • ユーザー・アクセス権限
    • ポートごと、VLANごとのサービス・アクセス制御
    • ハードウェア・ベースのDoS攻撃の防止
  • +MACアドレス・テーブル容量
    • 128,000個のMACアドレス
  • +電源要件
    • DC入力: -48、-/+36、-/+24 VDC(公称)
    • AC入力: 100V、240V AC(公称)
    • AC周波数: 50/60Hz
    • 最大入力電力: 175W
  • +機関による認定
    • 機関のマーク:
      • NRTL(カナダ規格協会)
      • CEマーク(欧州連合)
      • EMC指令(2004/108/EC)
      • LVD指令(206/95/EC)
      • RoHS2指令(2011/65/EU)
      • オーストラリアC-Tick(オーストラリア/ニュージーランド)
      • VCCI(日本)
    • エミッション:
      • FCC Part 15 Class A
      • Industry Canada ICES-003 Class A VCCI Class A
      • CISPR 22 Class A
      • GR-1089 Issue 6
      • EN 55022
    • イミュニティ(EMC):
      • CISPR 24
      • EN 55024
      • GR-1089 Issue 6
      • EN 300 386
    • 電力:
      • ETSI EN 300 132
    • 安全基準:
      • EN 60950-1
      • CAN/CSA C22.2 No. 60950-1-07
      • UL 60950-1 2nd Ed
    • 環境規則:
      • RoHS指令(2011/65/EU)
      • WEEE 2002/96/EC
  • +環境特性
    • GR-63-CORE、Issue 4 – NEBS Level 3
    • GR-1089 Issue 6 – NEBS Level 3
    • GR-3108 Issue 2 Network Equipment in the Outside Plant(OSP)Class 2
    • ETSI 300 019 Class 1.2、2.2、3.2
    • 動作温度:
      • -40~+65°C(-40~+149°F)
    • 保管温度:
      • -40~+70°C(-40~+158°F)
    • 相対湿度:
      • 5~90%(結露しないこと)
  • +物理的特性
    • 寸法:
      • 7.5インチ(W)x 9.9インチ(D)x 1.75インチ(H)、
      • 444mm(W)x 252mm(D)x 44mm(H)
    • 重量:
      • 5.3kg (11.6ポンド)

製品の3D表示

ご質問は コミュニティへ

質問する

5160について、 ぜひご相談ください。

お問い合わせ