さっそくですが、1つ質問します。クラーケンとは厳密にはどのようなものでしょうか。 クラーケンとは、北大西洋を航行する船乗りを恐怖に陥れていた伝説上の海の怪物です。 その未知なる怪物は深海に生息し、警告もなくいきなり襲いかかり、計り知れない破壊をもたらすと言われていました。 クラーケン伝説の起源は巨大なイカまたはタコの目撃談とも言われていますが、その真偽はともかくとして、船乗りたちはその怪物に恐怖を感じていました。なぜなら、いつ襲われるのか、あるいは襲われるかどうかさえまったく分からなかったからです。 伝説は今も語り継がれていますが、今では海底に本当の危険が潜んでいます。海底ケーブルが敷設されている世界中の海底は今や危険がいっぱいです。

世界中の海を駆け巡る船乗りたちがクラーケンに恐怖を感じていた数百年前、数千キロメートルの海洋を隔てた大陸間で情報を共有する唯一の手段は船でした。 この状況は、信頼性の高い大洋横断の海底ケーブルが150年前に敷設されるまで続きました。それは、1866年のことでした。 この初めて敷設された電信ケーブルの速度は、現代からすれば一笑に付すほどに低速なものでしたが、手書きの手紙を大陸間でやりとりするために数週間、場合によっては数ヶ月間かけていた時代からすれば、飛躍的な向上でした。 大切な手紙を数ヶ月も待つことを想像してみてください。しかも、ようやく受け取った手紙の内容が悪筆のために判読できなかったとしたら、 もう目も当てられません。

最新の海底ケーブルは、コヒーレント光の伝送技術に基づいています。初期の電信ケーブルに比べてパフォーマンスが格段に向上し、高い信頼性で毎秒数テラビットのデータを伝送できます。 Cienaは、世界中の海底に敷設された数千キロメートルのホースほどの太さのケーブルに収められた人の髪の毛ほどの太さの光ファイバーに、どれほど多くのデータを詰め込めるかということに力を注ぎ、大きな進歩を遂げてきました。 また、この重要なインフラを完全に信頼できるものにするために努力し、それを成し遂げました。海底ネットワークは、今では大陸間トラフィックの95%(金額に換算すれば1日あたり10兆ドルの取引に相当するトラフィック量)を伝送し、今なお世界中で40%強のCAGR(年平均成長率)で成長を続けています。 ネットワーク・インフラストラクチャーは、今後も重要性を増していきます。そもそも、それが可能であることが前提ではありますが。

世界中の海底に静かに横たわっている海底ケーブルをなぜ私たちは気にかけなければならないのでしょうか。 なぜなら、海底ケーブルにはプランBが存在しないからです

世界中の重要な海底ケーブル・インフラストラクチャーには、代替案が一切ありません。 衛星は、代替手段にはなりえません。容量、パフォーマンス、可用性、セキュリティ、コストの面で、既存の高速な陸上または海底の光ネットワークに肩を並べることはとうていできないからです。 ほとんどの人は海底ケーブルについて話題にさえしないかもしれませんが、海底ケーブルは静かに横たわり、人類最大の建設プロジェクト、つまりインターネットの情報を誰の目に触れることもなく伝送し続けています。

代替案がないということは、大陸間をつなぐ幹線の情報伝送容量の拡大、起こりうる障害に備えて可用性を維持するためのプロテクションの向上、価格の下落に対抗するためのトータルコスト(TCO)の削減など、相互に矛盾することもある目標を達成するために、イノベーションを起こし続けなければならないということです。

We’ve now taken the ground-breaking (sea-breaking?) GeoMesh architecture to the extreme with the launch of GeoMesh Extreme that improves upon its forerunner by incorporating several key enhancements.

新しいGeoMesh Extremeの登場

2013年に、Cienaは新境地(海?)を切り開く ネットワーク・ソリューションを発表しました。このソリューションでは、PoP間ネットワーキングの先駆けとなったGeoMeshを採用することで、困難な設計目標に対応しました。 このソリューションでは、距離が数千キロメートルに及ぶ点、海底に敷設されている点が違うとは言え、エンドツーエンド・ネットワークの海底セグメントを陸上ネットワーク・セグメントと同様に表示することで、従来の海底と陸上ネットワークの間のケーブル陸揚局にあるデマケーション・ポイントをなくしました(デマケーション・ポイントは歴史的な理由だけで残されていた過去の遺物でした)。これにより、陸上と海上のエンドツーエンド・ネットワークの設計、導入、保守の方法が大きく変革されました。 拡張性から、可用性、簡素化にいたるまで、世界中で現実的なメリットを享受できるようになりました。

しかし、要件は常に変化し続けているため、Cienaはそこに止まりませんでした。

今回、GeoMesh Extremeを発表したことで、Cienaは新境地(海?)を開いた GeoMeshアーキテクチャーを極限(Extreme)まで機能強化しました。GeoMesh Extremeは、WaveLogic AiBlue Planet MCPBlue Planet AnalyticsPacket SwitchingProtection SwitchingProfessional Network Servicesなどのテクノロジーの進歩を統合することで、前身であるGeoMeshより機能が強化されています。 この新しいオープンな海底ネットワーク・ソリューションにより、海底ケーブル事業者は必要なコンポーネントを組み合わせて使用することができます。このような選択肢の広がりは、Open Cablesの主要なメリットでもあります。Cienaは、昨年の11月に新しいパートナーシップ・アライアンスの下に、海底通信テクノロジーと海洋サービスの業界のパイオニアであるTE SubComとともに、Open Cablesの商業利用を開始しました。

GeoMesh Extremeにご興味をお持ちですか。ぜひご相談ください。 以下のビデオでは、GeoMesh Extremeの解説に加え、2013年にGeoMeshで実現したのと同様に、CienaがGeoMesh Extremeによってどのように変革を起こすかについて説明しています。

伝説の怪物のクラーケンであっても、GeoMesh Extremeベースの海底ネットワークを遮断することはできません。