800Gは、今、オプティカル業界のホットな話題であり、業界はその話題で持ちきりです。 新技術が登場するときの常として、その真価と予想される導入レートに関するさまざまな意見や憶測が流れています。特に最近は、ラボへのアクセスとライブ・トライアルについて異例の課題が生じているため、その傾向が顕著です。たとえば、どこが真の製品を提供しているのか、近い時期にどの企業が800Gを導入するのか、あるいは、克服すべき技術面と運用面の障害はいまだに存在するのか、などについて諸説あります。  

Cienaは、現在800G製品を出荷する唯一のベンダーとして、幸いにもそのような憶測を巡らす必要がない立場にいます。

800Gの導入について事実をお知りになりたいですか。

WaveLogic 5 Extremeの発売後たった3か月で、Cienaは世界中の30社以上のお客様に1,000台を超えるコヒーレント・モデムを出荷しました。これらのすべてのお客様が800Gをネットワークに積極的に導入しています。

大げさな風説に惑わされることなく800Gの事実を知っていただくために、このブログでは、これらの導入の詳細とよく寄せられるQ&Aをご紹介します。  

800Gとはどのようなものですか?

まず、Cienaが考える800Gの意味についてお話しします。 ここでは、最先端のプログラマブルなコヒーレント光技術について説明します。この技術は、高速なボーレート(90~100Gシンボル/秒)で動作して、単一の光チャネル(波長)によって従来達成可能であった容量を上回る最大8,000億ビット/秒の処理と伝送が可能です。  

WL5+ダイアル800G技術の重要な特性は、400Gが初めて導入された数年前と同様に、リモートから調整できる回線レートを複数使用することによって、ファイバー容量の拡大または波長の拡張を可能にすることです。たとえば、CienaのWaveLogic 5 Extremeは、200Gb/sから800Gb/sまでの回線レートを50Gの粒度でサポートするので、事業者は単一の技術を使って、短距離の陸上リンクから太平洋横断リンクや1万キロを超える海底リンクまで、ネットワークのすべてのリンクで最大容量を達成することができます。

800Gソリューションにより、ネットワーク事業者とサービス/コンテンツ・プロバイダーは、導入済みのすべての波長でより高いスループットで伝送し、再生なしで波長をより長距離に拡張できます。 

ネットワーク事業者にとって800Gの意味とは何ですか?

その意味は、導入・管理対象の波長の数を減らして、設置面積、消費電力、伝送のコストを大幅に削減できることです。初めて400Gb/s波長が超長距離(例:4,000km)まで拡張可能になったことで、800Gネットワークが、すべてのリンクにわたって効率的な400GbE接続を提供する機能によって400Gルーターの新しいアーキテクチャーに対応できるようになりました。

 WL5+の+アプリケーション+を示す+図表

800Gは現在導入されていますか?

簡単に答えると「Yes」です。

Cienaは現在、800G製品を出荷する唯一のベンダーです。 サンプリングやトライアルでなく、正式な製品をお客様に出荷しています。

この技術は発売からまだ間もないため、事業者が実際に800Gを導入した事例があったとしても、ごくわずかであろうとお考えかもしれません。

実際には、販売が開始されてからわずか3か月余りで、ラボテスト用を除き、Cienaは世界中の30社以上のお客様に1,000台を超えるコヒーレント・モデムを出荷しました。これらのお客様は、それぞれに異なるステージで、WaveLogic 5 Extremeを自社ネットワークに積極的に導入しています。  

ここで注目すべきは、これらの導入環境は一部の地域に限定されているわけではないということです。下の地図は、800Gモデムがさまざまな地域にわたって導入されていることを示しています。 もう1つの重要な点は、これらのネットワークの3分の1以上が既にCienaのWaveLogic 5 Extremeを使用して、ライブ・トラフィックを伝送しているということです。

最初の+3+か月+の+WaveLogic+5+Extreme+の出荷状況+を示す+地図

どのような会社が早期導入していますか?

以前にお話ししたように、事業者はさまざまな形で光ネットワークに対する要求度を高めています。これは、さまざまなタイプのネットワーク事業者が、WaveLogic 5 Extremeを導入していることからも明らかです。これらのお客様は、サービス・プロバイダー、コンテンツ・プロバイダー、海底事業者、研究機関、教育機関と多岐にわたり、特定のタイプには限定されません。すべての事業者が大容量接続を必要とし、導入済みのファイバーを最も効率的に活用したいと考えています。

WaveLogic 5 Extremeはどのアプリケーションで使用されていますか? 

一般的には、伝送コストを削減して、400Gルーターへの移行に向けてネットワークを準備するために、WaveLogic 5 Extremeは使用されています。その他の一般的なアプリケーションとして、海底ネットワークがあります。この場合、限られたケーブル・リソースでスペクトル効率を最大限に向上させる重要な要件があるため、WaveLogic 5 Extremeを選択することは理に適っています。それ以外の一般的なアプリケーションとして、海底ネットワークがあります。このアプリケーションには、限られたケーブル・リソースでスペクトル効率を最大化するという重要な要件があるため、WaveLogic 5 Extremeを選択することは理に適っています。WaveLogic 5 Extremeは、導入されている従来の技術と比べて、ファイバー容量を30%以上向上し、設置面積と消費電力を50%削減します。このような効率性の向上は、CAPEXとOPEXの両方のコスト削減に直結します。  

800Gの早期導入がこれほど堅調である要因は何ですか?

この要因は1つではありません。WaveLogic 5 Extremeの早期導入が、物理的なラボ・アクセスが制限されている現状においても急速に進んでいることは、以下のメリットを裏付ける証左でもあります。

  • 業界をリードする実証済みの類例のないソリューション・パフォーマンス
  • Cienaソリューションのパフォーマンスおよび信頼性に対する信用と標準化サイクルの短縮(Cienaの全員が「信用」を真剣に受け止めています)
  • 信頼性の高い堅牢なコヒーレント光ソリューションに不可欠なすべての機能を実行および提供するCienaチームの能力

「信頼性の高い堅牢なコヒーレント光ソリューションに不可欠なすべての機能」とは、次のようなことを意味します。 

  • WaveLogic 5 Extremeコヒーレント光プロセッサーは、Cienaの主力製品である6500統合パケット・オプティカル・プラットフォームコンパクトな相互接続プラットフォームのWaveserver 5にわたり、さまざまなアーキテクチャー要件に対応  
  • 陸上に最適化されたタイプと海底に最適化されたタイプのWaveLogic 5 Extremeにより、さまざまなアプリケーション要件に対応
  • SLTE、CDC、統合C&Lバンドのシステムなど、光回線システム構成を広範にサポート
  • 共通のデータ・モデルによるオープンAPIの実装とCienaのドメイン・コントローラーであるMCPのフル機能サポートにより、広範な運用要件に対応
  • 利用可能なネットワーク設計ツールとプランニング・ツール
  • 成熟度の高い予測可能なマルチソースのサプライチェーンによって支えられる大量生産の能力

基本的に、WaveLogic 5 Extremeソリューションには、エンドユーザーが堅牢で信頼性の高いエンドツーエンド・ネットワークを構築するために必要なすべてのエレメントが含まれており、現在、そのすべてのエレメントが装備されています。 

800Gの最新情報の入手方法

当社は、800Gの道のりを歩み始めたばかりであり、今後数か月のうちに素晴らしい実績を達成できると考えています。これから8週間にわたり、毎週800Gの導入事例に関するユニークな新情報をお届けします。 お見逃しがないように、ぜひLinkedInでCienaをフォローしてください。

Large play button overlay
Joe Shapiro talking
Large play button overlay