Amazon Prime、Facebook、Netflix、YouTubeなどの数え切れないストリーミング・アプリケーションにより、予想のつかない急速なペースでインターネット・コンテンツが消費されています。 現代の高速なビジネス・スピードに適応するために、企業はテクノロジーを使って自社が取るべき行動とその手法を変化させています。 ヘルスケア、ホスピタリティー、金融、製造、教育をはじめとする多種多様な組織が、デジタル変革を活かしてデータ活用を推し進めています。

また、数年先には5Gの発展により、接続デバイス数と帯域が急増すると予想されています。 ダウンロードを大幅に高速化して、レイテンシーを数ミリ秒以内に抑えるには、ネットワーク・エッジが鍵になります。

ネットワーキングのビジネス課題の解決において、コヒーレント・パケット・オプティカル技術が果たす役割は重要性を増しています。 それらの課題とは、容量、コスト削減、そして競争力の強化です。 ネットワークの拡張性とビットあたりのコストの課題を解決する手段として、ネットワーク事業者の間では、コヒーレント・パケット・オプティカル技術への期待感がますます高まっています。 統合コヒーレントDWDMを備えたパケット・スイッチングは、次のような方法でネットワーク事業者をアシストします。

  • 大容量化。ネットワーク事業者は、より質の高いエンドユーザー・エクスペリエンスを提供できるようになります。
  • ビットあたりのコストの継続的な削減。コヒーレント技術の高度な革新技術によって達成されます。
  • ネットワーク事業者の競争力の強化。より少ないリソースでより多くの成果を達成し、サービスをより迅速にターンアップできるようになります。

コヒーレント技術は、次のようなアプリケーションで重要な技術として幅広く利用され始めています。 マルチホール(メトロ、長距離:数百kmから数千km)、海底(1万km)、DCI(数十kmから数千km)、現在増えつつあるアクセスでのファイバー(低コストのメトロ・アクセス、Fiber Deep、4G/5G、数十kmから100km以上)などのアプリケーションです。

次世代のケーブルMSOアクセス、4G/5G RAN、低コストのメトロ・アクセス向けに専用に設計された新登場のCienaのService Aggregation SwitchとService Aggregation Platformは、アクセス分野におけるコヒーレント技術の利用に道を開きます。 帯域需要が発生する場所の近くでネットワーク事業者と企業が大容量を確保できるように、Cienaはパケット・ネットワーキング・ポートフォリオにハードウェアとソフトウェアの高度な新機能を追加しています。 5171は、キャリア・クラスのコネクション型の耐環境型インフラで、L2とL3サービスに加え、MEF準拠のシームレスなサービスを提供します。

Cienaの5171は、拡張性の高いモジュール式の2RUの筐体に、コヒーレント光伝送機能を備えた高密度の拡張温度対応の装置を統合し、エッジでのトランスポートとパケットに必要なコスト、設置スペース、消費電力を削減します。

Ciena 5171

 完全にノンブロッキングの800Gb/sパケット・ファブリックは、10GbE、25GbE、100GbEの大容量アプリケーション向けに高い拡張性を提供します。これにより高速な接続性が実現され、ネットワーク事業者は卓越したエンドカスタマー・エクスペリエンスを提供し、競争力を強化できます。

5171は、統合、4G/5G、ケーブルMSOの各アプリケーションのための業界初の拡張温度対応のコヒーレント・パケット・オプティカル・ソリューションのひとつとして、イーサネット、MPLS-TE、またはMPLS-TPの効率的な伝送および将来のセグメント・ルーティング・サービスのサポートを提供します。

5171は、CienaのWaveLogic 5 Nanoフレックス・プラガブル・コヒーレント光モジュールを搭載し、道路脇のキャビネットやその他の整備されていない場所で容量を最適化します。 CFP2-DCOフォームファクターを使用するWaveLogic 5 Nanoは、100GのCableLabsポイントツーポイント・コヒーレント光物理レイヤー・デバイス、OpenROADM MSA、ITU-T G.709.2 FlexOと相互運用性があります。 WaveLogic 5 Nanoを搭載したCienaの5171は、屋外設備環境向けの拡張温度対応の100Gと、プラットフォームの拡張性および使いやすさのメリットをメトロ/リージョナル・アプリケーションまで拡張する100Gと200Gのパフォーマンスにより、高い次元を切り拓いています。   

5171のアプリケーション

5171のすっきりしたデザイン、省スペース性、およびフロント・アクセスは、屋外キャビネットや整備された屋内環境に導入する場合や、整備されていない屋外環境で1/10/25/100を100/200 GbEに統合する場合に最適であり、屋外のエッジに大容量を提供できるようになります。 5171を使用することで、100GbEサービスおよび高密度の10GbE統合の急増するニーズに対応し、広帯域エンタープライズ、モバイル・バックホール、MSOのサービスを提供して、ネットワーク資産を最大限まで有効活用できます。

5171で使用されている最新の強化された低消費電力パケット・オプティカル技術は重要なメリットであり、パケット機器とオプティカル機器を別々に導入する場合のコストと複雑さの課題を解消します。 数多くのサービス・アプリケーションの一例として、Cienaの5171 Service Aggregation Switchをモバイル・バックホール用の25/100Gワイヤレス・サービス・デリバリーに使用する事例、または5171 Service Aggregation Platformを「セル・ルーティング」に使用する事例を下図に示します。 事業者はCienaのWaveLogic 5 Nano光モジュールを使用することで、100Gをキャビネットや顧客サイトまで延長できます。

  
Ciena 5171屋外基地局またはセル・ルーター・サービス・デリバリー

5171は、エッジの拡張性における制約を取り除きます。 5171は、ネットワーク運用の自動化によって統合、4G/5G、ケーブル・アクセス導入の基礎を築く一方で、新しい収益源だけでなく、ネットワーク事業者が大容量経路でトラフィック需要の増大に対応するためのサポートを提供します。

詳細を学ぼうとお考えでしたら、 OFCのブース(No. 3850)をお訪ねください。WaveLogic 5 Nanoを搭載した5171のトラフィック伝送のライブ・デモをご覧いただけます。