Cienaは、最高レベルのオンライン・エクスペリエンスの提供に加え、ウェブサイトの品質の向上のために、cookieを使用します。 サイトの閲覧を続けることにより、お客様はCienaのウェブサイトでcookieを受け取ることに同意したものとみなされます。 Cienaのウェブサイトですべてのcookieを受け取ることに同意するには、同意するをクリックしてください。 詳細については、Cienaのプライバシー・ポリシーをご覧ください。

Hero for ip optical convergence page for the Japanese site

最適な統合アプローチの発見:
より受け入れやすい選択肢

競争の激化と顧客期待度の高まりに直面しているサービス・プロバイダーは、コスト削減、スケールアップ・ダウン、ネットワークの持続可能性の向上を目指し、IPレイヤーと光レイヤーの統合を検討しています。しかし、現在の環境でネットワークを進化させるには、包括的なアプローチが必要です。既存のネットワークを体系的に成長させながら、複数の選択肢を提供する柔軟性を備えたアプローチでなければなりません。ワンサイズですべてに対応することはできないからです。

効果的なIP/オプティカル統合戦略は、既存のネットワークの現状に合わせて開始できるものでなければならないことをCienaは理解しています。CienaのAdaptive NetworkTMビジョンとオープン性の方針を取り入れたCienaのアプローチは、IPレイヤーと光レイヤーの統合に加え、一元表示、マルチレイヤーの自動化に取り組みます。そのすべてをCienaサービスがサポートいたします。この包括的な戦略は、市況の変化に適応する特性を備えた流動的かつ単純化されたネットワークへと成長させながら、最適な移行方法を決定できる柔軟な選択肢をサービス・プロバイダーに提供します。

IP/オプティカル統合の道のりを始めるにあたって押さえておくべきポイント

サービス・プロバイダーは、ネットワークを単純化するためにIP/オプティカル統合を検討しています。これは、サービス・プロバイダーが必要とする競争優位性です。しかし、IP/オプティカル統合についてはさまざまな意見があり、それによって多くの風評が生まれており、混乱も生じています。このブログでは、ネットワークの現状とビジネス・ニーズに応じてIP/オプティカル統合への最適なアプローチを決定する方法についてCienaが解説します。

答えを出すためには率直な意見交換が必要

IP/オプティカル統合に関するセンセーショナルな宣伝や過度の単純化を排して、サービス・プロバイダーが効果的なIP/オプティカル統合戦略を実践してエッジをおさえるために真に必要なことについて、Cienaの幹部が対談します。

IP/オプティカル統合のより大きな最終目標について

Cienaは、IP/オプティカル統合に対する市場の準備状況を確認するために、Heavy Reading社と協力してグローバルなアンケート調査を実施しました。このブログでは、この重要な変革について「なぜ」、「どのように」という観点から調査して明らかになったサービス・プロバイダーの認識と、IP/オプティカル統合のより大きな最終目標について解説します。

統合の最終形態の達成

5Gやクラウドなど、市場のダイナミクスの変化は、新しいトラフィック・パターン、仮想化および分散化アプリケーションへの移行、ネットワーク・エッジにおけるより広い帯域とレイテンシーの短縮ニーズなどの課題をもたらします。IP/オプティカル統合は、サービス・プロバイダーがこれらの課題を解決するのをサポートする重要な役割を果たすでしょう。しかし、その道のりはさまざまです。このホワイトペーパーでは、既存ネットワークを開始点とする、CienaのIP/オプティカル統合アプローチについて解説します。

IP/オプティカル統合とは?

サービス・プロバイダーは競争優位性を維持するために、ネットワークを費用対効果よく迅速にスケールアップ・ダウンすることで、帯域需要の急増に対応し、また、新しいサービスを市場に投入するまでの時間を短縮する方法を見つけることが必要になっています。多くのサービス・プロバイダーが、メトロとエッジのネットワークを進化させる方法として、IP/オプティカル統合を評価しています。この記事では、IP/オプティカル統合の基本について解説し、このネットワーク変革を検討するための重要な要素について説明します。