Ciena®(NYSE: CIEN)は、Vyattaバーチャル・ルーティング/スイッチング技術を買収することでAT&Tと正式契約を締結しました。

この買収は、ルーティング・スイッチング・ロードマップへのCienaの継続投資を反映したものであり、5Gネットワークとクラウド環境を含め、成長を遂げているエッジ変革の市場機会に取り組むためのものです。特に、これらのキー技術と専門知識は、CienaのAdaptive IPソリューション・セットを拡張および加速する役割を果たします。それに加えて、Cienaは、AT&Tのワイヤレス・ネットワークにおけるVyattaルーティング・プラットフォームのサポートについて合意しました。これは、複数の5Gユースケース、エンタープライズ・ビジネス・サービス、クラウドの拡張性を備えたバーチャル・ネットワークを対象とします。Cienaは、Vyattaのエンジニアリング・スペシャリスト・チームを同社のルーティング・スイッチング研究開発(R&D)組織に併合することを計画しています。

「Vyattaの人材と資産をルーティング・スイッチング・ビジネスに加えることで、Cienaは、迅速かつ費用対効果の高い仮想ネットワークの構築および5G、エンタープライズ、クラウド・ユースケースの新機能導入をお手伝いするときに、大きな成功を見込むことができます」とCiena のグローバル・プロダクト/サービス担当上級副社長、スコット・マクフィーリー(Scott McFeely)はコメントしています。

AT&Tでネットワーク・サービスのCTOを務めるアンドレ・フィッチ(Andre Fuetsch)氏は次のように述べています。「この合意は、エコシステムの成熟のシンボルであり、長年のイノベーション、コラボレーション、専門技術をまとめ上げたものです。2017年に買収したVyatta資産により、当社はネットワークの75%を仮想化し、業界初となるテレコム・グレードのオープンソース・ネットワークOSを開発しました。当社は、今回の取引の結果として、Vyattaを引き続き活用し、新たなユースケースを開発することを心待ちにしています。」

Vyattaの人材と特定の知的財産の買収は、年末までに完了する予定です。取引の財務条件は開示されていません。.

シエナについて
シエナ(NYSE: CIEN)はネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウェアを手掛ける企業です。変化し続けるエンドユーザー需要に対応するAdaptive Network™の構築に役立つソリューションを提供しています。お客様との直接対話によるコンサルティングを通じて業界最高のネットワーク技術を提供することで、自動化、オープン性、スケーリングを備えた世界で最もアジャイルなネットワークを構築しています。シエナの最新ニュースについては、Twitter(@Ciena)、LinkedIn、Ciena Insights blog、www.ciena.comをご覧ください。日本におけるシエナの事業の詳細については、https://www.cienacorp.jp/をご覧ください。

投資家向け情報のご案内
投資家の皆さまは、Cienaのウェブサイトにある投資家セクションをぜひご覧ください。定期的にプレスリリース、有価証券報告書、最新ニュース、財務結果、その他の発表を掲載しています。随時、重要情報を本ウェブサイトや当社使用のその他の開示チャンネルに掲載します。本プレスリリースは一定の将来見通しに関する記述を含んでおり、これらの記述は当社の現在の期待、予測、情報、仮定に基づいています。これらの記述は、リスクと不確実性を内包するものです。実際の結果ないし成果は、SECに提出した直近の年次/四半期報告書で詳述されたものを含むリスクと不確実性により、これらの記述で指摘ないし暗示された内容とは大きく異なる場合があります。将来の見通しに関する記述としては、Cienaの期待、信条、意図、戦略に関する記述があり、「信じられる」、「あり得る」、「推定される」、「期待される」、「意図する」、「可能性がある」、「はずである」、「予定される」、「なると思われる」などの語句で特定できます。シエナは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、本プレスリリースに含まれる情報を更新する義務を負いません。