メリーランド州ハノーバー – 2019年2月20日 – Ciena®(NYSE:CIEN)は、コヒーレント光技術におけるリーダーシップをさらに発揮し、最新のWaveLogic技術によって、エッジからコアまで、より大規模にプログラマブルでインテリジェンスなネットワークとなるようサポートします。

クラウド、IoT、ビデオ、5G、Fiber Deep、エッジ・コンピューティングなどは、あらゆるタイプのネットワーク事業者にとって常に予測不能な状態を生み出しているため、長距離、メトロ、4G/5Gアクセス、データセンター相互接続(DCI)を広範にカバーするコヒーレント光技術ソリューションへの顧客ニーズが高まっています。 CienaのWaveLogic 5のイノベーションは、豊富なコヒーレント・ソリューションを通じてお客様のご要求に対応し、ネットワークの経済性、リーチ率、コスト、消費電力、設置スペースなどの問題を大幅に向上させます。

市場をリードするCienaの技術には、WaveLogic 5 Extreme(WL5e)とWaveLogic 5 Nano(WL5n)の2つのソリューションがあり、パフォーマンスの最適化と小型化という2つのニーズを満たします。 WL5eでは、最大800Gのチューナブルな帯域が、600Gソリューションと比較して非常に高い効率性を提供し、データセンターに400Gインタフェースの導入をためらっていたお客様にアドバンテージをもたらします。 WL5nでは、多様なフォームファクターによ によって最適なオプションが選択できるようになり、設置スペースや消費電力、運用要件などに基づいて決まる、特定アプリケーション向けのネットワーク構成要件を満たすことができます。

キー・ファクト:

  • WL5e は、50G単位で調整できるプログラマブルな容量を提供し、業界初となる単一波長800Gソリューションです。 このテクノロジーは、競合優位性を一気に高めており、波長あたりの容量を50%、スペクトル効率を20%向上しています。 また、WL5eは新たな400GbEインターフェイス・ルーターを優雅に進化させ、メトロアクセスから海底ネットワークまでのあらゆる距離に対して、400GbEクライアント・レートの効率的な伝送を可能とします。
  • WL5nは、100G~400Gアプリケーション向けの、小型化コヒーレント・ソリューションです。設置スペースや消費電力、運用要件など特定の条件を満たす必要のあるソリューションを幅広くサポートします。たとえば、400ZRシングル・スパンDCIアプリケーション向けのスタンドアロン・プラガブル・光モジュールから、アクセス・アプリケーション向けの拡張温度対応の標準光モジュール、さらには特定のメトロ/リージョナル・アプリケーション向けにシームレスに光レイヤーを統合する小型コヒーレント光装置までをサポートします。
  • WaveLogic 5では、Cienaは重要な基盤技術に投資を集中しており、デジタル信号処理技術(DSP)はもちろんのこと、シリコン・フォトニックとインジウムリンを用いた高速な光電変換コンポーネントにも投資しています。 これにより、コヒーレント光技術ソリューションに必要な設計の全てをコントロールすることでイノベーションを加速し、お客様にとって重要となる迅速な導入とコストメリットを実現しています。
  • WaveLogic 5ソリューションは、2019年の下期に提供を開始します。 WL5eとWL5nのテクノロジーは、Cienaの統合パケット・オプティカル・ポートフォリオとパケット・ネットワーキング・ポートフォリオ全体を通じて提供します。また、Cienaのオプティカル・マイクロシステム・ポートフォリオを通じて、サードパーティー製装置でも利用可能となります。

エグセクティブ・コメント:

  • 「WaveLogic 5では、Cienaはコヒーレント光技術の限界を継続的に追及し、ソリューションの開発に努めており、ビットあたりのコストを削減し、提供するサービスをより効率的に改善する能力を促進しています。 これは、激化する競争環境にあって非常に重要なことであると考えており、より広範囲な接続性と、帯域を消費するサービスのためにお客様から頂く絶え間ないご要求に対応しています。
    • BT、チーフ・アーキテクト、ニール・J・マクレー(Neil J. McRae)氏
  • 「Cienaはコヒーレント伝送で定評のある技術リーダー企業であり、可能な限り高度な装置を導入したいと考えるネットワーク事業者にとって信頼できるパートナーです。 WaveLogic 5ファミリーにより、Cienaは光ネットワーキング市場において再び高い次元を切り拓いています。 WaveLogic 5は、積極的な垂直統合を行い、旧世代のWaveLogicの目標を凌駕するオープンなビジネス戦略と大胆なビジョンを取り入れています。」
    • Cignal AI、ディレクティング・アナリスト、アンドリュー・シュミット(Andrew Schmitt)氏

  • 「Cienaの成功の重要な部分を占めているのは、市場のトレンドを予想し、戦略的な投資を行い、競合他社に先駆けてお客様のビジネス課題を解決する能力です。 WaveLogic 5も、我々のリーダーシップ能力、財務健全性、グローバル規模、そして卓越したエンジニアリング技術を示す事例であり、将来に向けたロードマップでお約束したコミットメントを果たし続ける自信の裏付けとなっています。」
    • Ciena、グローバル・プロダクト/サービス担当上級副社長、スコット・マクフィーリー(Scott McFeely

その他のリソース:

シエナについて
シエナ(NYSE: CIEN)はネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウエアを手掛ける企業です。 当社が提供するソリューションは、お客様が絶えず変化するユーザーニーズに対応するために、Adaptive NetworkÔの構築を支援します。お客様との直接対話によるコンサルティングを通じて業界最高のネットワーク技術を提供し、世界で最も柔軟な自動化ネットワークを構築をします。シエナの最新ニュースについては、Twitter(@Ciena)、LinkedInCiena Insights blogwww.ciena.comをご覧ください。日本におけるシエナの事業の詳細については、https://www.cienacorp.jp/をご覧ください。

シエナの投資家の皆さまへ
当社ウェブサイトの投資家セクションをぜひご覧ください。投資家セクションには常時、プレスリリース、SEC提出書類、最新ニュース、財務成績、その他の発表を掲載しています。 随時、重要情報を本ウェブサイトや当社使用のその他の開示チャンネルに掲載します。 本プレスリリースは一定の将来見通しに関する記述を含んでおり、これらの記述は当社の現在の期待、予測、情報、仮定に基づいています。 これらの記述には内在的なリスクと不確実性が伴います。 実際の結果ないし成果は、SECに提出した直近の年次/四半期報告書で詳述されたものを含むリスクと不確実性により、これらの記述で指摘ないし暗示された内容とは大きく異なる場合があります。 将来見通しに関する記述には、当社の期待、見解、意図、戦略に関する記述が含まれ、「見込む」、「考える」、「あり得る」、「見積もる」、「期待する」、「意図する」、「かもしれない」、「はずである」、「つもりである」、「であろう」などの語、その他の類似語によって特定可能です。 シエナは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、本プレスリリースに含まれる情報を更新する義務を負いません。