シエナ(NYSE: CIEN)は、都内に規模を拡大した新オフィスを開設し、今後の顧客基盤の拡大に備えた人員増に備えるとともに、技術ラボの強化により顧客のサポート体制を強化しました。今回の取り組みは、アジア太平洋地域におけるシエナの長期的成長戦略の一環です。

シエナのアジア太平洋地域担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるRick Seetoは、次のように述べています。「クラウドベースのサービス、ビデオ、モバイルブロードバンドのユーザーニーズがうなぎ登りで、デバイスとデータの数量が爆発的に伸びているため、日本における当社のお客さまは自社ネットワークを自動化・規模拡大しなければならないという相当な圧力を受けています。シエナの新東京オフィスは、拡大するデジタル経済に対応できるよう、以前にも増してインテリジェントで適応型のネットワークをお客さまが構築する上で、それを支援する当社の能力を高めるものです。」

日本シエナの久米博之代表取締役社長は、次のように述べています。「シエナがその市場有数の技術により次世代ネットワークの構築でお客さまと連携している中、私たちは日本での新たな投資でお客さまに最高のサポートを提供していきたいと思っています。」

東京の中心部となる丸の内に位置するシエナの新オフィスは、内幸町にあった旧オフィスと比べ、2倍の広さを確保しています。新オフィスには高度な技術ラボを備え、これにより業界有数のネットワーキングやソフトウエア技術を紹介するための能力を高めています。さらに、コラボレーションルームを新たに導入し、シエナのパートナーとお客さまとのPoC(実証試験)やデモを共同で実施する体制を備えました。

シエナの日本におけるお客さまには、あらゆる大手サービスプロバイダー、金融・政府機関・研究教育の分野における数多くの大企業/組織に加え、オーバーザトップ(OTT)コンテンツプロバイダーと海底ケーブル事業者が含まれます。

シエナについて
シエナ(NYSE: CIEN)はネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウエアを手掛ける企業です。当社が提供するソリューションは、お客さまが絶えず変化するユーザーニーズに対応して、より適応型のネットワークを構築できるよう支援するものです。対面相談関係を通じてクラス最高のネットワーキング技術を提供することで、自動化と規模拡大の機能を備え、世界で最も高度なネットワークを構築します。シエナの最新情報については、Twitter(@Ciena)、LinkedInCiena Insights blogwww.ciena.comをご覧ください。日本におけるシエナの事業の詳細については、https://www.cienacorp.jp/をご覧ください。

シエナに投資する皆さまへの注記
当社ウェブサイトの投資家セクションをぜひご覧ください。投資家セクションには常時、プレスリリース、SEC提出書類、最新ニュース、財務成績、その他の発表を掲載しています。随時、重要情報を本ウェブサイトや当社使用のその他の開示チャンネルに掲載します。本プレスリリースは一定の将来見通しに関する記述を含んでおり、これらの記述は当社の現在の期待、予測、情報、仮定に基づいています。これらの記述には内在的なリスクと不確実性が伴います。実際の結果ないし成果は、SECに提出した直近の年次/四半期報告書で詳述されたものを含むリスクと不確実性により、これらの記述で指摘ないし暗示された内容とは大きく異なる場合があります。将来見通しに関する記述には、当社の期待、見解、意図、戦略に関する記述が含まれ、「見込む」、「考える」、「あり得る」、「見積もる」、「期待する」、「意図する」、「かもしれない」、「はずである」、「つもりである」、「であろう」などの語、その他の類似語によって特定可能です。シエナは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、本プレスリリースに含まれる情報を更新する義務を負いません。