先日、VerizonはCiena(NYSE:CIEN)とJuniper Networksと共に、同社の運用中のファイバー・ネットワークを使って、単一波長による800Gbpsのデータ伝送試験を完了しました。 5Gは、ギガビット級の高速性、数ミリ秒の超低遅延、卓越した拡張性を実現します。 5Gは数十億台のデバイスを接続し、ビデオ・ストリーミング、仮想現実、クラウド・コンピューティング、機械学習、人工知能など、前例のない新しく刺激的なユースケースから生成される数テラバイトのデータを伝送することができます。 Verizonのエンジニアは、そのような大容量データを伝送するために、接続するファイバー・レイヤーも進化させています。 「過去に800Gbpsの容量を実現するには、複数の波長を多重しなければなりませんでした」とVerizonのテクノロジー・プランニング担当のスミス副社長(Kevin N. Smith)は語っています。「当社は現在、5Gの変革がもたらす業界および消費者へのインパクトと共に発生するデータの急増に対する準備として、CienaとJuniper Networksが提供する新しい光構成を自社ファイバー・ネットワークに導入し、接続するファイバー・レイヤーを進化させています。これだけの大容量を単一波長で提供する業界唯一のプロバイダーとして、当社はビットあたりのコストを大幅に削減し、サービスを提供できるようになります。」

試験の詳細

このVerizonの稼働中のファイバー・ネットワークで実施した試験が成功したことで、異なる2社のサプライヤーの装置間に相互運用性があること、また、通常と比べて4倍の容量が波長伝送可能であることが証明されました。 2台のJuniper Networks QFX 5220パケット・プラットフォームの間を、WaveLogic 5 Extreme(WL5e)コヒーレント光モジュールを搭載した2台のCiena 6500プラットフォームを介して、試験トラフィックは伝送されました。

Cienaの新しいコヒーレント光インターフェイスとJuniper Networksの装置を使用することで、波長あたり200Gbpsから800Gbpsのチューナブルな伝送を活用して、ソフトウェアベースの自動化ネットワークへのさらなる進化が可能であることが実証されました。これにより、Verizonは、すべての距離で容量の最適化を実現し、予測不能なトラフィック需要を動的に調整してカスタマー・ニーズに対応することで、効率を最大限に高めることができます。

「現在、当社のWaveLogic 5 Extreme技術を使って800Gが実現可能になっています。この運用中のネットワークで実施した試験は、容量と効率性の進歩を実証できたという点で特筆すべきものです」とCienaのグローバル・プロダクト/サービス担当上級副社長のスコット・マクフィーリー(Scott McFeely)は述べ、次のように続けました。「Verizonは、200Gbpsから800Gbpsまでのプログラマブルな伝送によって、よりソフトウェアベースの拡張性が極めて高いプログラマブルなネットワークを構築し、変動するユーザー需要に効果的に対応できるようになるはずです。」

「ビデオやその他の新しい5Gユースケースによってネットワーク・トラフィックの急増が続いているため、通信サービス事業者とインフラストラクチャー・ベンダーが密接に連携することによって、技術革新を加速させることが急務になっています。新しい400GbEパケット・ルーターと800Gコヒーレント光システムは、拡張性と密度を高めてビットあたりのコストを削減するのに役立ちます。当社が、この成功した試験の一翼を担えたことをうれしく思います。エンドユーザー向けの新しい広帯域サービスを提供するお手伝いができることを楽しみにしています。」- Juniper Networksのクラウド&サービス・プロバイダー・マーケティング担当副社長、サリー・バメント(Sally Bament)氏 Verizonは、この新しい光構成の導入を2020年の下半期から自社ファイバー・ネットワークで開始します。

Cienaについて

シエナ(NYSE: CIEN)はネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウエアを手掛ける企業です。シエナは、絶え間なく変化するユーザー・ニーズへの対応を可能にする、Adaptive NetworkTMの構築に役立つソリューションを提供しています。お客様との直接対話によるコンサルティングを通じて業界最高のネットワーク技術を提供し、世界で最も柔軟な自動化ネットワークを構築します。シエナの最新ニュースについては、Twitter @CienaLinkedInCiena Insights blogwww.ciena.comをご覧ください。日本におけるシエナの事業の詳細については、https://www.cienacorp.jp/をご覧ください。

投資家の皆さまへ
当社ウェブサイトの投資家セクションには、最新のプレスリリース、SEC提出書類、最新ニュース、財務成績など、投資家様向け情報を掲載しています。随時、重要情報を本ウェブサイトや当社使用のその他の開示チャンネルに掲載します。このプレスリリースには、当社の現在の予想、予測、情報および仮定に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの記述には、未知のリスクと不確実性が内在しています。 実際の結果ないし成果は、SECに提出した直近の年次/四半期報告書で詳述されたものを含むリスクと不確実性により、これらの記述で指摘ないし暗示された内容とは大きく異なる場合があります。将来見通しに関する記述には、当社の期待、見解、意図、戦略に関する記述が含まれています。これらは「見込む」、「考える」、「あり得る」、「見積もる」、「期待する」、「意図する」、「かもしれない」、「はずである」、「つもりである」、「であろう」などの表現を使って記載されています。シエナは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、本プレスリリースに含まれる情報を更新する義務を負いません。