Ciena(NYSE:CIEN)は、無線からデータセンターの間のすべてをカバーし、ネットワークの複雑さを低減して、事業者の4Gから5Gへの移行を促進する5Gネットワーク・ソリューションに、複数の新製品と新機能を追加しました。Cienaのユニークでオープンなアプローチは、インテリジェントな自動化、次世代ルーティング・プラットフォーム、最高水準のプロフェッショナル・サービスを活用し、eMBB(enhanced Mobile Broadband)、mMTC(massive Machine-Type Communications)、urLLC(ultra-reliable Low-Latency Communications)などにより、差別化可能な5Gサービスの提供をサポートします。

Cienaは、お客様のご要望に合わせて、5Gソリューションの主要な特性であるオープン性に重点を置いています。5Gに最適化されたCienaの新しいルーターにより、モバイル・ネットワーク事業者(MNO)とホールセール・ネットワーク事業者は、ネットワーク・スライシング対応のオープン・アーキテクチャーを利用して、xHaul(フロントホール、ミッドホール、バックホール)トランスポートの低遅延と高パフォーマンスのニーズに対応できるようになります。また、ネットワーク・スライシングやダイナミック・プランニングなど、CienaのBlue Planet®の新しい5Gソフトウェア自動化機能を使用することで、特定のカスタマー・ニーズに基づいてさまざまなSLAを提供、測定、報告したり、5Gのスモールセル導入をサポートするネットワーク構築をさらに単純化することが可能です。

エグゼクティブ・コメント:

  • 「Cienaは、事業者がニーズに最適なソリューションを選択し、適応性の高いネットワークを構築できるように、他社に先駆けて業界で最も高度な有線ネットワークと豊富な経験を活かしたオープンな5Gソリューションを事業者向けに提供しています。事業者はリスクを最小限に抑えて5Gに移行し、早期にROIを実現できるようになりました
    - スティーブ・アレクサンダー(Steve Alexander)、Cienaの最高技術責任者
  • 5G導入への動きが急速に進むにつれ、事業者は新規顧客を巡って競合し、5G時代の主導権を主張するために、限界に挑戦しています。Cienaが光ネットワークの提供で成功していることは明らかですが、同社が5Gに最適化されたルーティング・プラットフォームのプロバイダーとして進化したことで、ベンダーロックインの回避を試みる事業者のビジネス・チャンスが大きく広がっています。これらの新しいプログラマブル・システムとBlue Planetのインテリジェント・ソフトウェアの組み合わせは、5Gで必要とされるような無駄のない自動化されたネットワークを実現できる可能性を予見させます」
    - ラジェッシュ・ガイ(Rajesh Ghai)、IDC社のキャリア・ネットワーク・インフラストラクチャー担当リサーチ・ディレクター

キー・ファクト:

  • Cienaの5Gネットワーク・ソリューションは、実績のあるプロフェッショナル・サービスとオープンで柔軟な自動化アーキテクチャーに基づいて構築されています。このソリューションにより、Cienaは事業者とのパートナーシップを確立し、4Gから5Gへの移行の道のりを事業者がどこからでも開始できるようにサポートすることができます。

    • 4Gから5Gへの段階的な変革では、事業者の出発点はそれぞれ異なります。Cienaのサービス・エキスパート・チームはこの課題をよく理解し、ネットワークの複雑さを最も効果的に処理できるツールを用いて、実績のあるベストプラクティスとプロセスを提供します。Cienaのサービス・チームは、4Gから5Gへの道のりのあらゆるステージで成功を確かなものにするために、戦略についての初期のコンサルティングから、導入および継続的な保守までのすべてのステージで事業者と密接に連携します。

    • Cienaのオープンでプログラマブルな新しいルーター、5168、5166、および5164は、セグメント・ルーティングとFlexEスイッチングによってソフト・スライシングとハード・スライシングを可能にし、共通の有線インフラストラクチャー上で4Gと5GのxHaulを統合します。.

      • 5168ルーター:CPRI/eCPRI/RoE/ORAN、Adaptive IPTM、および10/25GbEから100/200GbEへの高密度アグリゲーションをサポートするクラウドRANアーキテクチャーを実現する、xHaulネットワーク・スライシング・ルーター

      • 5166ルーター:CienaのAdaptive IPを実装し、10/25GbEから100/200/400GbEへのアグリゲーションに最適化された、費用対効果の高いネットワーク・スライシング・ルーター

      • 5164ルーター:CienaのAdaptive IPを実装し、10/25GbEから100/200GbEへのアグリゲーションに最適化された、費用対効果の高いネットワーク・スライシング・ルーター
  • 5Gの自動化に向けて拡張されたBlue Planetインテリジェント自動化ソフトウェアのポートフォリオには、次のような新しいソリューションと機能が追加されました。

    • ベンダー中立のネットワーク・スライシング機能。事業者はこの機能を使用して、5Gネットワークから新しい収益機会を創出するために必要となる特定のユーザー・ニーズを満たすように最適化された、SLAベースの動的な仮想ネットワークの作成をエンドツーエンドで自動化することができます。
    • データ統合と高度なソフトウェア自動化を利用するダイナミック・プランニング機能。事業者のネットワークとサービスのインベントリーを正確にリアルタイム表示し、スモールセル導入のためのネットワーク・プランニングを簡易化して、5Gの提供を加速することができます。

シエナについて
シエナ(NYSE: CIEN)はネットワーキング用のシステム、サービス、ソフトウェアを手掛ける企業です。シエナは、絶え間なく変化するユーザー・ニーズへの対応を可能にする、Adaptive NetworkÔの構築に役立つソリューションを提供しています。お客様との直接対話によるコンサルティングを通じて業界最高のネットワーク技術を提供し、世界で最も柔軟な自動化ネットワークを構築します。シエナの最新ニュースについては、Twitter(@Ciena)、LinkedInCiena Insights blogwww.ciena.comをご覧ください。日本におけるシエナの事業の詳細については、https://www.cienacorp.jp/をご覧ください。.

シエナの投資家の皆さまへ
当社ウェブサイトの投資家セクションでは、常時、プレスリリース、SEC提出書類、最新ニュース、財務成績、その他の発表を掲載しています。随時、重要情報を本ウェブサイトや当社使用のその他の開示チャンネルに掲載します。このプレスリリースには、当社の現在の予想、予測、情報および仮定に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの記述は、固有のリスクと不確実性を内包します。実際の結果ないし成果は、SECに提出した直近の年次/四半期報告書で詳述されたものを含むリスクと不確実性により、これらの記述で指摘ないし暗示された内容とは大きく異なる場合があります。将来見通しに関する記述には、当社の期待、見解、意図、戦略に関する記述が含まれています。これらは「見込む」、「考える」、「あり得る」、「見積もる」、「期待する」、「意図する」、「かもしれない」、「はずである」、「つもりである」、「であろう」などの表現を使って記載されています。シエナは、新たな情報、将来の出来事、その他の結果に関係なく、本プレスリリースに含まれる情報を更新する義務を負いません。