標準化が望ましい方法に向かったことを知り、4Gより高いパフォーマンスを得られるという点で、多くの人が5Gへの期待を大きく膨らませています。10倍から100倍の速度の向上、1,000倍の帯域幅の拡大、10倍から100倍に増えるサポート・デバイス数、99.999%の可用性、1ミリ秒のレイテンシーなど、さまざまな期待があります。

このように速度、容量、レイテンシーが大幅に向上することで、モバイル・ネットワーク事業者(MNO)は、さまざまなユースケースを新たに創出するチャンスを得られます。また、ユーザーとユースケースも増加しています。これは、これまでにないほど多くの5Gネットワーク・サービス接続が必要になるという意味です。重要な点としては、通常はマルチベンダー環境で行われるこれらのサービスの作成と管理にかかる時間を現行のOSS、NMS、手動プロセスを使用する場合より、大幅に短縮する必要があります。このような速度と量は、サービスのプランニング、設計、導入と日々の運用を含めたネットワーク・ライフサイクル全体に影響を及ぼします。自動化は、これらの課題を解決し、5Gネットワークの構築と新しい収益源の創出を迅速化するという点で、極めて重要な役割を果たします。

Blue+Planet+5G+自動化+ソリューション最後の点としては、5Gはまだ新しい技術であるため、それに関連する標準も進化し続けています。MNOが新しい5G標準に準拠するために必要とするのは、オープン性をベースに設計および開発され、マルチベンダー・ネットワークでベンダー・ロックインなしで機能する、クラウド・ネイティブな5Gソリューションです。

5Gの規模が拡大するにつれて、自動化におけるAIおよびML(機械学習)への依存度は、ますます高くなります。AIとMLは、ネットワーク障害が起きる前にその状況を予測し、カスタマーに影響する前に是正措置を講じる、または、特定のリソースがフル容量に達するタイミングを把握し、それらのリソースに依存しているサービスの要件に応じてリソースをスケールアップするといった一部の運用プロセスを完全に自動化するために使用されます。ご存知のように、私はこれまでずっと、このようなタイプのAI支援による運用について話題にしてきました。

5G、自動化、AIには大きな将来性がありますが、そこに至るまでの過程には技術的な課題が数多くあります。私たちBlue Planetチームは、MNOがこれらの課題を軽減するために役立つ5Gインテリジェント自動化ソリューションの実現に向けて熱心に取り組んできました。

Blue Planetは、5Gへの道のりで必要になるこの要素を実現するために、オープンなマルチベンダー環境において5Gサービスを自動化するように設計された新しいインテリジェント自動化ソリューションを発表しました。

新しいBlue Planet 5G自動化ソリューション(図1参照)は、ダイナミック・プランニング、ゼロタッチ・スライシング、最終的なゼロタッチ運用を統合した包括的なアプローチに重点を置いています。このアプローチは、事業者がネットワーク・プランニング、設計、運用を自動化し、5Gの市場投入までの時間の短縮、コスト削減、5G投資の収益化を達成できるよう後押しします。Blue Planetは、他のベンダーと異なり、ベンダー・ロックインを回避しながら、信頼性、俊敏性、拡張性を実現する、ベンダー中立のオープンな5G自動化ソリューションを提供しています。

ダイナミック・プランニング:5Gは、より高い周波数、新しいマイクロセルとマクロセルによる高密度化を利用して、カスタマーにより広い帯域を提供します。MNOは、最高のエクスペリエンスを提供するために、できるだけ迅速に最も広いサービスエリアを提供する必要があります。これを後押しするのが、Blue Planetダイナミック・プランニングです。ダイナミック・プランニングによって、MNOは既存のネットワークとサービス・リソースの任意の時点の状態を明確に可視化し、それに基づいてネットワーク構築をシンプルかつ効率的に最適化することができます。マイクロセル、マクロセル、ネットワーク・スライスは、速度、容量、レイテンシーの点で不欠な要件であるため、ネットワーク・リソースを必要なタイミングと場所で提供できるように、最適に計画することが極めて重要です。MNOは、Blue Planetダイナミック・プランニングを使用することで、ますます多様化するカスタマー・ニーズに合わせて、予測、スケーリング、および適応できるようになります。

ゼロタッチ・ネットワーク・スライシング:Blue Planetのネットワーク・スライシング・ソリューションにより、MNOは、エンドツーエンドの設計、作成、変更、モニタリングなど、ネットワーク・スライスのライフサイクル全体の管理を自動化することができます。これにより、MNOは、仮想ネットワーク機能(VNF)のようなネットワーク・リソースをネットワーク・スライス内に最適な状態で配置できます。また、使用されていないリソースを別のスライスに再割当てすることもできます。MNOは、高度な分析、AI、ML、自動化されたオーケストレーション機能を備えたBlue Planetのゼロタッチ・ネットワーク・スライシング・ソリューションを使用することで、自動運転、自己修復、自己最適化が可能な5Gネットワークを構築できます。この5Gネットワークは、5G RAN、トランスポート(xHaul)、コア、NFV/クラウドといったすべてのドメインにわたってエンドツーエンドでスライスを作成することができます。

ゼロタッチ運用:ゼロタッチ運用では、サービス管理をシームレスかつ自律的に最適化するために、AIとMLを採用する傾向がますます加速しています。事業者は、Blue Planet 5G自動化によってゼロタッチ管理を実現し、シームレスに相互接続されているネットワーク・レイヤーとクラウド・ファブリック全体にわたって5Gサービスおよび運用を継続的に最適化することができます。当社は、今、将来に備えてこれを準備しています。

最終目的地

もう待つ必要はなくなりました。5Gは、2020年に始動します。とはいえ、ネットワーク事業者が5Gを本格的に始動し、カスタマーに5Gのメリットを最大限に提供するには、まだ時間がかかりそうです。幸い、MLとAIの技術も実用段階に入っています。事業者は、それらの技術を使用して、エンドツーエンドでネットワークの自動化を開始することで、サービスをより速く加入者に届けられるようになります。導入のあらゆる段階でサポートを提供するBlue Planet 5G自動化ソリューションにより、5Gへの道のりをはるかに円滑化できます。

5G自動化ソリューションのページでは、ソリューション概要ウェブセミナーをご覧いただけます。また、デモをリクエストしていただければ、これらの5G自動化ソリューションが実際に稼働する様子を視聴していただくことができます。