There was a problem with your video. Another version is available.

ソフトウェア・ベースの変革

ソフトウェアとサービスを活用してWebスケールの世界のプログラマビリティとアジリティを空前のレベルに向上。

モバイル・デバイス。 データセンター。 WAN。 あらゆるビジネスがソフトウェア定義に移行しています。ネットワーク事業者はSDNを通じて、より優れた制御、プログラマビリティ、ビジネス・ニーズに対する即応性を獲得しています。

SDN(Software Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)への移行が大きな潮流になっている背景には、ソフトウェアと仮想化が実現する敏捷性、柔軟性、適応性などのメリットおよび優位性があります。 このような移行により、ネットワークの構築と運用方法に加え、サービスの作成と提供方法が大きく変わります。 ネットワークで重要性を高めているコンポーネントとして、ソフトウェアはプログラマビリティとオープン性の大幅な向上を求めるエンドユーザーの要望へのすばやい対応を促進します。

ビッグ3

No. 1

Automate end-to-end service delivery across multiple physical and virtual domains with a proven orchestration solution

No. 2

Gain DevOps-style control over service creation and operational agility to innovate more rapidly

No. 3

Grow revenue and profitability by delivering on-demand virtualized services with vendor-agnostic software and the best-of-breed network components of your choice

次のステップ

IDC Executive Insightsは、2017年までに組織の65%が社内外のITリソースを活用したハイブリッド環境を実装すると予測しています。 つまり、ネットワークとクラウドが収束し始め、エンドユーザー体験に焦点が移るということです。

業界インサイト

SDNへの移行について触れたIDC Executive Insightsの抜粋をご紹介します。 「ネットワークは、硬直的な物理インフラストラクチャーをベースにしたものから、対象となるサービスと機能との関連性がより密接になるソフトウェア定義の仮想インフラストラクチャーに移行しています。 これにより、NFVなどの新しい機能が有効になります。 ネットワークは、今後もインテリジェントなプラットフォームとして、次世代セキュリティの提供において主導的な役割を果たし続けるでしょう。 インテリジェンスを高めるにつれ、ネットワークはビジネス成果に照準を合わせるようになります。 ネットワーク評価の測定基準が可用性やレイテンシーなどの静的なものから、ビジネス成果や従業員の生産性向上などに移行しています。 今後はIT管理者がネットワークとクラウド・リソースを別々にプロビジョニングするのではなく、それらをまとめてプロビジョニングすることで、アプリケーションやネットワーク対応アプリケーションを認識するネットワークが構築されるようになるでしょう。」

Ciena Insights

SDN、NFV、オーケストレーションは、データを直ちにユーザーに接続し、分散されたコンピューティング・リソースを効果的に同期する、次世代仮想インフラストラクチャーの重要なビルディング・ブロックを提供します。 最終的な目標はネットワークの完全な自動化により、新しい仮想サービスの市場投入までの時間を短縮して収益性の向上に貢献することです。

すべて software-based transformation インサイト

必要な洞察のための情報

ソフトウェア・ベースの変革に関する最新ニュースを購読できます。

配信登録