帯域需要の増加ペースを上回るオープンでインテリジェントなネットワーク – エッジにまで対応

Ciena Corporationのアジア太平洋&日本のポートフォリオ・マーケティング・ディレクターのウィリー・ロー(Willie Low)は、複数市場の製品ポートフォリオにまたがり成長を促進する責務を担っています。 ウィリーは、シンガポールを拠点としています。

テクノロジーが日常生活にメリットをもたらす方法について、私たちは転換期にいます。 アジアの各国政府とテクノロジー・コミュニティーには通信ネットワークのゴールがはるか彼方に見えていたようでしたが、いよいよそのゴールが目前に迫り、ネットワークの変革が必要になっています。

特に、時宜を得て登場したさまざまなアプリケーションがいかに帯域需要を加速させているかについて考える必要があるでしょう。

|||incontent|sidebar|1|||

  • スマートシティーではデータを分析によって経済性や生活の質を高めるメリットに変換できる可能性があるため、各国政府はスマートシティーの開発に邁進しています。 これは、まさに世界で最も人口集中度の高い巨大都市を抱えるアジアに当てはまります。
  • 5Gはスマートシティーと密接に関連しているため、アジアが今後2年以内に5Gの大規模な普及を目指す複数の国家的な計画の本拠地になっていることも当然と言えば当然です。  
  • アジアではここ数年、あらゆる利用者が自宅と外出先の両方におけるストリーミング・ビデオ中心のエンターテインメントの利用を希望するようになっています。 Cienaのリック・シート(Rick Seeto)は、この地域では新しいストリーミング・サービスが毎年オンライン化されていると説明しています。

ネットワーク事業者は、これらの野心的な目標をどのように実現すればよいでしょうか。 利用者に近いエッジまで拡張できるオープンでインテリジェントなネットワークは絶対に欠かすことができません。 時宜を得たかのように、今週このようなネットワークを実現するCienaの3つのイノベーションがテレコム・アジアの第11回「Readers’ Choice & Innovation Awards」を受賞しました。

なぜ、スマートシティー、5G、ビデオ・ストリーミングがこのようなネットワーク・イノベーションの必要性を喚起するのかについて、詳細を確認しましょう。

|||incontent|sidebar|2|||

次世代に向けたオープン性

前述した新しいアプリケーションにより、従来のシステムを使って動的なトラフィック・レベルとサービス要求を予想および対応することはほぼ不可能になっています。 プログラマブルなインフラなら、その場でネットワークを変更および構成できます。 

複雑さの課題をインテリジェントに解決

ビデオ・ストリーミング、スマートシティー、5Gにより、サービス事業者の環境はますます複雑で変動の激しいものになっています。 機械学習を使ってネットワーク・パフォーマンス・データを収集して分析することにより、潜在的なネットワークの問題をより高い精度で予測したり、傾向を予想したり、膨大な収集データを実用的なインサイトに変換したりできます。 これにより、ネットワークを迅速かつ安全に顧客ニーズに適応させることができます。

パフォーマンスをエッジまで拡張

ネットワークは、5Gの利用、スマートシティー、関連するクラウド・サービスによって増え続ける将来の需要に対応できなければなりません。 利用者とネットワークの接点となるネットワーク・エッジは、全体的なユーザー・エクスペリエンスを決める重要な要因の1つです。 ネットワーク・エッジは、これらの需要を満たす容量、柔軟性、拡張性を備えていなければなりません。

ネットワークを、5G、スマートシティー、ビデオ中心のエンターテインメントなどの例によって示されるアジアのデジタル分野の飛躍的な発展に対応するように変革することは決して容易ではありません。 しかし、サービス事業者はエッジにまで対応するオープンでインテリジェントなネットワークに移行することで、ユーザーが自らを取り巻く世界とつながる方法を最大限に向上させることができます。

以下にテレコム・アジアの第11回「Readers’ Choice & Innovation Awards」のロゴと祝賀会の写真を掲載しました。

祝賀会にはCienaのベス・エヴァンズ(Beth Evans)とウィリー・ロー(Willie Low)が出席し、受賞の栄誉を賜りました。